トップ > 宇宙世紀 −−> 妖刀システム

「宇宙世紀」辞書

妖刀システム

読 み ようとうしすてむ

【 説 明 】

  • 地球連邦軍将校、カネサダ・ツルギ大佐主導の下で進められた、強化人間プロジェクトのにおいて生み出された精神感応AIシステム。
    計画において、ニュータイプの兆候を持つイットウ・ツルギ(カネサダの実子。後のBGST司令)の脳波を元に、波動の影響を用いた人類のニュータイプへの覚醒促進を目的に開発されたもので、波動を転用して超振動を浴びせ、対象物質を砂塵状にする兵器でもある(これはツルギ流居合いの奥義「空合掌底気」を再現したものである)。

    しかし、開発段階でイットウの抱いてきた父カネサダへの強烈な憎しみの感情が刷り込まれており、カネサダが関与した他の妖刀システムや人為的なニュータイプに反応し自立起動する「超妖刀」が発動するリスクも持つ。

    現段階でこれを内蔵しているのは、RGM-79FC『ストライカーカスタム』及びその改造機である『フルアーマー・ストライカー・カスタム KATANA』、そしてシステムを移植して強化されたMS-19『ドルメル・ドゥーエ』のみだと言われている。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※名前部分をクリックで簡単に削除、編集が出来ます(要パスワード)
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。