トップ > 宇宙世紀 −−> ビームジャベリン

「宇宙世紀」辞書

ビームジャベリン

読 み びーむじゃべりん

【 説 明 】

  • ホワイトベース搭載の白兵戦用MSガンダムのパイロットであるアムロ・レイによってビームサーベルが改造された状態。原作中では決して出番が多かったとはいえないが、イセリナのガウへの投擲、マ・クベのアッザムをほじくったり(?)、となかなかインパクトの強い兵器である。
  • 補足
    厳密には改造ではなく元々掛かっていた制限装置を解除することで
    この姿へと展開する
    ビームサーベルに比べ展開範囲が狭いためビーム圧縮率が高く破壊力があるが
    先っぽにしかビームがないため取り回しが不便
    上記の取り回しのためGM系ではオミットされている、おそらく量産にも向かない上に
    GMはサーベルを一本しか持たないというのも理由なのだろう
  • ガンダムUC EP4にて、GM靴使用するシーンがあることを見ると、試作にとどまらず一応制式採用されていたようである。

【コメント】

※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。