トップ > 宇宙世紀 −−> 死の旋風隊

「宇宙世紀」辞書

死の旋風隊

読 み ですげいるず

【 説 明 】

  • ギリ・ガデューカ・アスピス、ローズマリー・ラズベリー、バーンズ・ガーンズバックで構成された木星帝国のエリート部隊。幾度となく、新生クロスボーン。バンガードの前に立ちふさがるが、地球にて敗北。その後は各々地球で暮らしている。
  •  ギリ・ガデューカ・アスピス…クァバーゼ
     バーンズ・ガーンズバック…トトゥガ
     ローズマリー・ラズベリー…アビジョ

     ギリはクァバーゼのスネークハンドを活かした「攻撃」、バーンズはトトゥガの厚い装甲や背部ビームシールドを活かした「防御」、ローズマリーはアビジョの機動性やニードルガンを活かした「牽制」を担当していた。
  • 「鋼鉄の七人」で再結成した際の面子は

    ギリ・ガデューカ・アスピス「ビギナ・ギナ供廖噌況蘯蝓
    バーンズ・ガーンズバック「バーラ・トトゥガ」〜近接援護〜
    ローズマリー・ラズベリー「アラナ・アビジョ」〜遠方支援〜

    という構成になっている。トトゥガが防御だけでなく遠距離攻撃の手段も得ているため、完全な防御担当から接近戦をするギリの護衛、支援攻撃と多彩な立ち回りのできる組み合わせになっている。アラナ・アビジョも機体バランスが崩れた代わりにトトゥガ用キャノン砲を得たため火力が段違いにアップしており、ただの牽制MSから卒業している。
    全体的にパワーアップした他、MSの性能がかなり違うためコンビネーションも変更されているが、高い連携力と個々の卓越した操縦技術は衰えるどころかさらに洗礼されている。

    木星最終決戦にてAチームとなり木星軍を寄せ付けぬ戦いを見せるも、カリスト兄弟の規格外の力には及ばず、ローズマリーを残し戦死している。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。