トップ > 宇宙世紀 −−> 可変モビルスーツ

「宇宙世紀」辞書

可変モビルスーツ

読 み かへんもびるすーつ

【 説 明 】

  • 人型機動兵器モビルスーツの新カテゴリー。ジオンが開発したグラブロやビグロ、ビグザムなどのモビルアーマーは海中、宇宙においてモビルスーツを凌駕する性能を見せた。元々、モビルスーツは陸戦を想定して開発されていた為、海中や宇宙などでの戦闘は機体の人型という形状上、不向きであった。また、モビルアーマーは戦闘機に近い性格なので、どうしても機体が巨大化してしまうという欠点を持っていた。それを克服する為、連邦はジオンの技術を吸収しモビルスーツにモビルアーマーへの変形機構を搭載させるプランを立てる。これが最初に取り入れられたのはガンダムMk−兇任△辰拭しかし、これは失敗に終わり、Mk−兇魯皀咼襯后璽弔箸靴討隆粟度を高めるプランに方向転換する。そして、初めてモビルスーツからモビルアーマーへの変形を可能にしたのはアッシマーTR−3キハールであった。キハールはティターンズのT3部隊に配備され、その可変テストで完璧とも言える結果を収める。ここからティターンズのサイコガンダム、ガブスレイ、ギャプラン、連邦のアッシマーなどが開発され、可変モビルスーツはどの戦闘領域においても高い性能を発揮する。他にも、エゥーゴのZZガンダムやZガンダムやメタス、ネオ・ジオンのバウなど、様々な可変モビルスーツが開発された。
  • グリプス戦役から第一次ネオ・ジオン抗争(ハマーン戦争)の間に可変MSは急速に発展したが、戦後は割と平和な時代が続いたためか、高コストな可変MSは徐々に廃れていき、その後はジェガンやギラ・ドーガの様なシンプルなMSが台頭になっていった。以降量産型としての可変MSの復活は、リガ・ミリティアのVガンダムやザンスカール帝国のゾロ
    等まで待たなくてはならなかった。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。