トップ > 宇宙世紀 −−> エゥーゴ

「宇宙世紀」辞書

エゥーゴ

読 み えぅーご

【 説 明 】

  •  ティターンズの台頭により軍事政権になった連邦軍に対抗して出来た組織の事でメインスポンサーはA.Eである。主に連邦軍正規士官からの参加者(ブライド・ノア、ジャック・ベアード等)やレジスタンスからの参加者(レコア等)、民間からの参加者(カミーユ・ビタン等)やジオン残党軍からの参加者(クワトロ等)で構成されている。

    支援組織にカラバがありハヤト・コバヤシやアムロ・レイも参加しており戦後Z+の実用化はエゥーゴがあってからこそ出来たのである。

    主な主力はジム兇筌優癲▲螢絅奪・ディアスであるがカスタム機やティターンズからの強奪MSも使用していた。
  • ティターンズとの抗争が終わってからは、エゥーゴが中心となって地球連邦軍再編が行われ、アーガマやネェル・アーガマなどのエゥーゴの戦艦も連邦軍の戦艦として使用されている。アーガマはその後データ収集され1番艦から3番艦までの同級戦艦が新造され、ネェル・アーガマはロンド・ベル隊の強襲戦艦としてそのまま使用されている。
  • U.C.0083年にコロニー落とし作戦を決行したデラーズ・フリートらジオン残党による決起を契機に結成されたティターンズは、当初からアースノイドのみを選抜し、選民意識と団結力の強いエリート集団として結成された。そのためコロニー市民、つまりスペースノイドに対する差別意識が強く、彼らに対する弾圧をたびたび行った。特に30バンチ事件という虐殺事件は、情報操作まで行われた。こうしたジオン残党討伐を名目としたティターンズの横行する最中に、アクシズから地球圏に帰還したシャア・アズナブルはクワトロ・バジーナを名乗り、数名の旧ジオン公国軍メンバーと共に軟禁状態だった連邦軍准将ブレックス・フォーラを救出。さらにアナハイム・エレクトロニクス社CEOのメラニー・ヒュー・カーバインと接触する。そして連邦内部の反ティターンズ仕官や、ジオン残党勢力の者を取り込み、反地球連邦組織A.E.U.G=エゥーゴが結成される。当初は軍事組織としての色は薄かったが、アナハイム・エレクトロニクスをスポンサーとすることでモビルスーツなどの戦力供給源を確保、急激に軍事組織に成長する。さらにルオ商会を始めとする多くの企業が、出資や戦力の提供などをした。アースノイド主義のティターンズに反感を持つ多くのスペースノイドや連邦宇宙軍将兵も協力的であった。さらに地上でエゥーゴを支援する組織カラバも結成された。アナハイムが協力した背景には、ティターンズの独自的兵器開発に対する反感があったとされる。またエゥーゴが兵器供給の顧客となり、利益向上もあった。組織構成はかなり複雑である。元々連邦内部から発足した組織であるため、ブライト・ノアなどの反ティターンズ仕官が参加するのは自然である。中にはエマ・シーンなど、ティターンズから寝返る者もいた。ジオン残党から参加した者は、ガブリエル・ゾラをはじめとする台所事情の厳しい残党勢力ではティターンズに対抗できないと苦渋の決断を下した者も多い。そしてカミーユ・ビダンら民間人も参加した。主に三系統の人員から構成されるメンバーを繋ぎとめているのは、いずれもティターンズに対する反抗である。そして、ティターンズが壊滅したグリプス戦役終結後は組織的に疲弊した状態となる。兵器的消耗が著しく、またティターンズとの抗争で多くの人材を損失(カミーユの精神崩壊、クワトロ・バジーナの行方不明など)。またティターンズの壊滅によりエゥーゴの目的が達成されたと考え、脱退する参加者もいた。こうした最中に兵力を温存していたネオジオンの地球圏侵攻作戦が活発化し、エゥーゴはガンダムタイプのMSで編成した部隊ガンダム・チームで抵抗を行った。グリプス戦役後に地球連邦の主導権をティターンズに代わって掌握したエゥーゴであったが、当初の思想が受け継がれることはなく、従来の官僚主義的な地球連邦の体制に感化されてしまう。そしてネオジオン戦争終結後、所有する機材や人員の殆どが連邦独立機動部隊ロンド・ベルに編入される形で解散となった。
  • エゥーゴ(AEUG)は、反地球連合政府(Anti Earth United Government)の略である。
    GovernmentではなくGroupという説もある。

【コメント】

  • エゥーゴ解体後、0099年にヌーベルエゥーゴなるテロ組織がネオ・ジオン残党と結託し、ジオン再興を目指した(実際の処はヌーベルエゥーゴのリーダーであるタウ=リンが己の欲望を叶える為にネオ・ジオンを「駒」として使ったに過ぎない)テロ活動を行ったが、「Z部隊」を擁する宇宙空母『ベクトラ』を中心とした連邦軍に壊滅させられている。なお、ヌーベルエゥーゴのメンバー構成は不明だが、エゥーゴとは別の組織である事は明らかである。
  • 死の第四小隊の面々がティターンズ参加後どうなったのか知りたいです
  • エゥーゴの参加した人物が元連邦軍人、旧ジオン軍の者やティターンズにより不利益を強いられる者など様々な人物がいる事から実際の所「反ティターンズ連合」となっている。
  • グリプス戦役後、エゥーゴ上層部は無能な利己主義者ばかりとなり、結局は連邦同様に腐敗してしまったのである。
    また元ジオン兵がネオ・ジオンに寝返るという事態も起きたらしく、エゥーゴはまさに滅茶苦茶になってしまった。
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。