トップ > 宇宙世紀 −−> 第一次ネオ・ジオン抗争

「宇宙世紀」辞書

第一次ネオ・ジオン抗争

読 み だいいちじねお・じおんこうそう

【 説 明 】

  • 宇宙世紀0088年から0089年の間に起こった戦争。この開戦前に起こったグリプス戦役で兵力を温存していたアクシズは、ネオ・ジオンとして地球へ向けて侵攻を開始。連邦政府は疲弊しており、唯一の戦力はエゥーゴのアーガマ隊であった。シャングリラコロニーでの戦闘を契機に、アーガマは再び戦火に巻き込まれていく。このとき、シャングリラに住むジュドー・アーシタ等が隊に加わり、Zガンダム、ガンダムMk-供百式が復活。さらにZZガンダムやメガライダーなどの新戦力も加わった。地球に降下した後はカラバと共にネオ・ジオンに抵抗したが、カラバのリーダーであるハヤト・コバヤシを失う。やがてネオ・ジオンでは、グレミーをリーダーとする「グレミー軍」が誕生し、ハマーン・カーンの「ネオ・ジオン」と対峙し始めるその後戦艦がネェル・アーガマとなるが、エゥーゴは解体となる。しかし、ジュドー等はアーガマのクルーと共にネオ・ジオン、グレミー軍との最終決戦のため、宇宙に上がる。ネオ・ジオン、グレミー軍とが相打ちをしている中、ジュドーはネオ・ジオンの摂政ハマーンカを破り、この戦闘を終結させた。ネオ・ジオンの拠点「コア3」とグレミー軍の拠点「モウサ」は互いに衝突し壊滅。エゥーゴはこの後、連邦軍の主体を担うことになった。

【コメント】

  • アクシズ自体は無事で連邦の管轄下になったとされる。
  • だがこの戦争後にエゥーゴは解散し、議会内部で残ったのは中立だったゴップの派閥だけとなった。
    エゥーゴの理念は官僚主義の中に消え去り、結局地球連邦は何も変わらずじまいだった。
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。