トップ > 宇宙世紀 −−> T3部隊

「宇宙世紀」辞書

T3部隊

読 み てぃーすりーぶたい

【 説 明 】

  • ティターンズ・テスト・チームの略。まだ初期の頃のティターンズに設立されたテスト部隊。最新鋭の装備を支給される部隊として、大いに注目を浴びていた。最初はジム改の高機動型のみが配備されていた。その後TR計画が実施され、T3部隊に連邦の勝利の象徴であるガンダムの名を冠した、ガンダムTR−1〔ヘイズル〕が配備される。ヘイズルを筆頭に、ハイザックTR−2〔ビグウィグ〕、アッシマーTR−3〔キハール〕、TR−4ダンディライアン、ギャプランTR−5〔ファイバー〕など、様々な試験的装備を装備したテストモビルスーツが配備されていく。これらのテスト機でジオン残党とのテストを兼ねた実戦を行っていた危険な部隊であった。しかし、エゥーゴによるガンダムMk−橋奪事件発生に伴い、テスト部隊から実戦部隊へと編成され、ジオン残党だけではなくカラバやエゥーゴとの戦闘へと巻き込まれていく。グリプス戦役後、T3部隊のメンバーは全員生き残ったが、メンバーの一人であるエリアルド・ハンターは軍法会議にかけられ死刑にされかけている。また、T3部隊に配備されるモビルスーツのペットネームはウォーターシップダウンのウサギ達という物語に出てくるウサギの名前ばかりだが、これは隊長であるウェス・マーフィーがウサギ好きであるということからである。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。