トップ > 宇宙世紀 −−> 全天周囲モニター

「宇宙世紀」辞書

全天周囲モニター

読 み ぜんてんしゅういもにたー

【 説 明 】

  • ガンダムMk-兇覆匹梁茖伽ぢ絅皀咼襯后璽弔謀觝椶気譴討い訖祁織灰奪ピット。ザク兇覆匹梁茖雲ぢ絅皀咼襯后璽弔覆匹料以モニターだけではなく、前方から後方まで全ての映像を映し出す球状の構造をしている。初めてこれを取り入れたのはティターンズのテストモビルスーツ、ガンダムTR-1ヘイズル改。ヘイズル改に乗ったウェス・マーフィーは「まるで金魚鉢に放り込まれた気分だ」といっている。その後全天周囲モニターは一般化され、エゥーゴ、連邦、ジオンなど様々なモビルスーツに搭載された。
    ただし、死角は存在する。リニアシートの真下はパイロットが視認することは出来ない。特にギャプランのモビルアーマー形態ではこれが全体に広がるため、機体底面ががら空き状態になる。
  • 上の説明では最初に採用されたMSはヘイズルと表記されているが正しくは1年戦争末期に開発されたRX-78NT1アレックスである。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。