トップ > コズミック・イラ −−> ヴォワチュール・リュミエール

「コズミック・イラ」辞書

ヴォワチュール・リュミエール

読 み う゛ぉわちゅーる・りゅみえーる

【 説 明 】

  • フランス語で”光り輝ける運び手”の事でスターゲイザーやデルタ・アストレイ、ターンデルタに搭載されている。

    スターゲイザーの場合は起動時に周囲の空間構造にエネルギー干渉が起きるために機体周辺にリング状の発光現象が起き、その威力はMSを切り刻むほどである。

    基本原理はザフトにも提供されこの流れでストライクフリーダムやデスティニー系にも類似したシステムが搭載されている。
  • 同システムをターンデルタアストレイが搭載している。搭載に至った経緯については、ターンデルタを作り上げたのがあらゆる組織に関わったジャンク屋であったため、機能面では同システムを含むあらゆる機能を備えている。なお、ターンデルタのヴォワチュール・リュミエールは後にタクティカルアームズ僑未鵬造され、アストレイレッドフレームへと移植されることとなる。アローフォームのタクティカルアームズ僑未蓮▲凜ワチュール・リュミエールを発動させることによって、モビルスーツの位置や数を捕捉することができるレーダーの役割も果たすことが明らかにされた。この機能によって、強敵ネブラブリッツのミラージュコロイド・テレポートを見破った。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿を停止しております
誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。