「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」の登場兵器

ファントン

読みふぁんとん
登場作品機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)機動戦士ガンダム00P機動戦士ガンダム00F機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)
型式番号MSJ-04
主な搭乗者人革連MSパイロット、ホリー・スミルノフ

【 説 明 】

  • 化石燃料を動力源にしたMSであり、化石の燃料からの脱却を図るために開発されたのがティエレンである。その後は第三国”MSER−04 アンフ”として輸出されており、2307年現在も中東産油国を中心に使用されている。

     基本コンセプトはティエレン同じであり、あごの下には155丕毅宛径長滑空砲を装備しEカーボン製スピアで機動性の不足を補う形で広い攻撃範囲を確保している。ナックルシードも装備している他にも膝部の追加装甲を装備した機体も見受けられこの点からもティエレンと共通している。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。