「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」の登場兵器

スサノオ

読みすさのお
登場作品機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)ガンダムEXA
型式番号GNX-Y901TW
主な搭乗者ミスター・ブシドー(グラハム・エーカー)

【 説 明 】

  • マスラオの強化発展型。外見上の違いは頭部アンテナ形状と赤の塗装部分が白に塗り替えられた程度だが、腹部に大型のビームキャノン「トライパニッシャー」を内蔵したため胴体構造は大幅に異なる。主武装のビームサーベルは二刀を連結使用可能な実体剣に変更され、両腰のバインダーは敵の捕獲、打撃を目的としたクローアームに変形する。

    グラハムの気迫と相まって刹那駆るダブルオーライザーを追い詰めたが、わずかに及ばず敗北、大破した。
  • スサノオは、ミスター・ブシドーが使用していた機体「マスラオ」に改良を加えて完成。
    ビームサーベル・ロングタイプ「ハワード」は実体長剣「シラヌイ」、ショートタイプ「ダリル」は
    実体長剣「ウンリュウ」に発展。単体での使用はもちろん二本を連結した双刃の薙刀状態
    「ソウテン」にもなり、相手に切りかかる。
    この機体やマスラオ、その後継機であるブレイヴやGN-X犬砲盡世┐觧だが、
    疑似太陽炉でありながら初めてトランザムを発動した。
    この事は、フラッグの開発者であるレイフ・エイフマン教授が残した、GNドライヴ関係の
    手書きのメモから、ビリー・カタギリが解析して獲得した技術である。

【コメント】

  • 塗装の変更により、GNフラッグに近い印象となった。
  • 「武士なのに飛び道具は可笑しい」というツッコミに対し、ミスター・ブシドーのファンは「武士に宿る熱き魂の放出なのだ」という反論をしている。ブシドーのファンとか言っている内容とかツッコミ満載だが、ほぼ公式設定である。
    まあブシドーの存在そのものがツッコミどころ満載なんだが・・・。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。