「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」の登場兵器

ガデッサ

読みがでっさ
登場作品機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)
型式番号GNZ-003
主な搭乗者リヴァイヴ・リバイバル、ヒリング・ケア

【 説 明 】

  • ヴェーダ内のガンダムの設計データを基に開発されたイノベイター専用MS。
    ヴァーチェのGNバズーカを参考に開発された大型ビーム砲「GNメガランチャー」を駆使した長距離砲撃を得意とする。
  • 最終話では、ヒリングのガラッゾとともにバックアップが無い状態でリボーンズガンダムを支援したが、中破したケルディムガンダムと交戦になる。両者ほぼ互角のまま(強いて言えば、機体状況の関係上リヴァイブが若干優勢)戦闘が続くが、ライルの一秒限りの技のトランザムにより背後を取られ、ゼロ距離でGNビームピストル兇力⊆佑鮗け爆散した。
  • この機体は前にダブルオーライザーと交戦している。そのときは珍しく接近戦をしており、オレンジ色の刃を持ったビームサーベルを使用していた。パイロットのリヴァイヴ・リバイバルは最初、ランチャーでダブルオーライザーに対抗したがそれを避けられ、接近戦になった。そして リヴァイヴはビームサーベルはダブルオーライザーの頭部に刺し、勝利したと思っていた。しかし、そのとき既にダブルオーは粒子化しており、ガデッサの背後にGNソード兇濃造蠅弔韻拭リヴァイヴは間一髪、ガデッサの擬似太陽炉と共に離脱した。ガデッサも同じようにして脱出した。そのことを脳量子波で知ったリボンズはツインドライブのすごさを知ったのだった。
  • 武装

    GNメガランチャー
    ガンダムヴァーチェのGNバズーカを発展させた遠距離攻撃武器で、装備箇所は腰部。
    砲身の先端部を3つ持ち、展開時の中央には、メガランチャーとして使用する高出力発射口を備える。遠距離において、高い破壊力を誇る。
    但し、ヴァーチェと同じ特徴を持ってしまった為、チャージする時間が必要になり、本体からのパワー供給に加え、両肩の大型GNコンデンサーで粒子消費の量をカバーする。
    この他にも、エネルギーパックを装着しての使用も可能になるも、2つ付けた状態でも4発で発砲限界を迎える。

    GNバルカン
    両前腕に装備されたGN粒子仕様の速射砲。
    連射性能に優れ、GNビームを使用している為、利用価値は高く評価されている。
    主に、メガランチャーが破損した状態で使用される事が多かった。

    GNビームサーベル
    腰部サイドアーマーに装備された格闘兵装。
    本機は遠距離砲撃に特化して設計され、使用頻度は低い。
    但し、GNバルカンとの併用で使用される例が存在している。

    GNカッター
    本機にしか採用されていない武器。
    肘にある部品に、GNフィールドを加える事で格闘武器に転用できる。
    予備動作を必要とせず、実戦における有効性は低くない。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。