トップ > 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン) −−> アルケーガンダム

「機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)」の登場兵器

アルケーガンダム

読みあるけーがんだむ
登場作品機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)機動戦士ガンダム00N
型式番号GNW-20000
主な搭乗者アリー・アル・サーシェス

【 説 明 】

  • リボンズの配下となったサーシェスが搭乗する機体。イノベイターが回収したスローネツヴァイの残骸を解析し、独自の技術を盛り込み開発された。旧スローネに比べ手足が極端に延長されており、頭部カメラアイはジンクス、アヘッドと同じ4眼式を採用している。背部ブースターはガデッサなどのGNZ系列機と同様、緊急脱出用のコアファイターに分離するが、擬似太陽炉を内蔵していない、頭部ごと分離するなど異なる点も多い。
    武装は右腕マウント時にビームライフルとしの機能を持つ新型GNバスターソード、ビームシールド展開機能を付加した左腕の専用GNシールド、両腰バインダー内のGNファング10基。更に奇襲用の隠し装備として、両爪先にGNビームサーベルを内蔵する。
  • ガデッサやガラッゾと同じく、背面の擬似GNドライヴは脱出ユニットとしての機能を併せ持っている。
    クルジス共和国跡地の上空で刹那のダブルオーライザーと交戦したときは、カタロンの飛行艇を人質にとるも敗北。このユニットで、サーシェスは辛くも危機を免れている。
    しかしヴェーダのバックアップを要する機体であったため、セラフィムのトライアルシステムによって行動不能にされてしまった。
  • 機体の形状は人型だが、胴体の大きさに比べて腕部と脚部がアンバランスなまでに長い。これは、格闘戦主眼の本機の能力を限界まで引き上げるためかと思われる。
    右腕のGNバスターソード兇脇睇瑤縫咫璽爛薀ぅ侫襪内蔵されており、剣の部分を開くことでライフルとしても使用できる。また、大型の武器でありながら片手で軽々と振り回せるのは、剣自体が軽いのか、あるいは腕の強度が片手で剣を振れるように強化されているのかと思われる。
    ちなみに、脚部にも擬似太陽炉が左右に一基ずつ搭載されているが、同調はしていない様子。

【コメント】

  • この機体も天使の名を冠している。サーシェスという戦争屋の搭乗する機体には似つかわしくない名の由来ですね。
  • 「アルケー」とは、ギリシャ語で「始まり、原初」という意味、もしくは天使の九階級のひとつ、下位三隊のうちの最上位「権天使」の単数形を指す。
    もともとスローネシリーズ自体がガンダムの中でもかなり異色(Gガン系除く)なデザインな上、腕が妙に長かったりアイカメラが四つだったりとどうにも「ガンダムっぽくない」印象がある。
    ちなみにスローネは天使九階級のひとつ「上位三隊最下級」座天使の単数形である。後継機でありながら階級は下がっている。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。