トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> 陸戦型ジム

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

陸戦型ジム

読みりくせんがたじむ
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
型式番号RGM-79[G]
主な搭乗者マット・ヒーリィ、アニッシュ、ロフマン、ラリー・ラドリー、サリー、ロブ、マイク

【 説 明 】

  • RGMー79に先駆けて先行生産された機体。主にオデッサ作戦に大量導入され活躍した。こちらも陸戦型ガンダムと同じくあまり量産されていないのだがゲーム中にあちこちに出てきたりする。
  • 量産型MS開発のために、少数生産された先行量産機。G型は、地上戦用にチューンされている。ビーム兵器は使用できないが、多数のオプション兵器が使用できる。RXシリーズとくらべるとジェネレーターを安価で低出力な物に換装しコスト削減が計られているが、装甲がルナチタニウムであることから、ジムよりガンダムに近い機体となっている。
  • 陸戦型ガンダムの生産ラインを流用して生産されているためパーツの互換性があり、部品取りとしても活用されるが、ヒューズなど細かいパーツはガンダムよりも質が落ちるのかその出力に耐えきれずすぐ焼き切れてしまうなど、多少の調整が必要となっている。ちなみにこの描写があったドラマCDでは、ミケルが持っていた純金のコインをヒューズとして用いて解決している。

    また、武装は完全に陸戦型ガンダムと共用が可能で、ビームライフルも使用可能となっている。

【コメント】

  • 本機とかなり紛らわしいが、陸戦「用」ジムという機体がある。この機体は陸戦型ジムとは全く別の機体である。
  • 陸戦型ガンダムと部品の規格がほぼ同位置なので慢性的に整備部品などが不足していた陸戦型ガンダムのパーツ取りとしても使用された
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。