トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> ボールK型

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

ボールK型

読みぼーるけーがた
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊
型式番号RB-79K
主な搭乗者シロー・アマダ

【 説 明 】

  • 連邦軍の戦闘用ポッド、ボールの改修型。
    キャノン砲が二門になって、攻撃力も二倍に跳ね上がっている(笑)
    劇中では、サンダース軍曹救出のため、シロー・アマダ少尉が乗り込んでいる。
    その際、ザクと交戦しているが奇跡的に相撃ち(!)に終わった。
    相撃ちにしろ、あんなに強いボールを見たのは初めてだった。
  • 通常のボールより、装甲が、厚い。しかし、たいした差では、無い。
  • 『機動戦士ガンダム 第08小隊 U.C.0079+α』ではスペースデブリ除去と偵察任務の為に後部に大型ユニットを装着。ユニット前部はデブリ回収コンテナであり後部が推進ユニットになっている。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。