トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> 宇宙用高機動試験型ザク

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

宇宙用高機動試験型ザク

読みうちゅうようこうきどうしけんがたざく
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊
型式番号MS-06RD-4
主な搭乗者アイナ・サハリン

【 説 明 】

  • リックドム開発の過程で試作されたMS。早期のデータ収集のため、実機の完成を待たずにザクIIの機体に先行して完成していたリックドム用の脚部を装着したザク。型番は競合機の06R系統だがだが、実際は競合機の試作機であるため、使用されたザクはツィマッド社がライセンス生産したものである可能性が高い。

    テスト中、連邦のMS部隊と交戦し僚機と離れた所で連邦の兵員輸送艦と接触、同艦に搭載されていたボールと交戦し相打ちとなる。

【コメント】

  • ザクの上半身にドムの下半身、そして実験はおそらく軍主体、そしてパイロットはアイナとなると、どうしても様々な駆け引きと取引、強制と妥協の裏があるのではないかと勘ぐってしまう……。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。