トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> 初期型ジム

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

初期型ジム

読みしょきがたじむ
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊
型式番号RGM-79E
主な搭乗者テリー・サンダースJr

【 説 明 】

  • ルナツーにて先行稼動していたジム。開発はルナツーで行われていたためジャブローで開発されていたジムとは外見が異なる。この段階ではまだビーム兵器の搭載は行われておらず、背部にビームサーベルは搭載されていない。そのためスペック的にザクに毛の生えた程度でしかなく、パイロット錬度の低さもあって「ザク六機落とせば出世間違いなし」といわれていた。一年戦争末期から83年にかけて生産されたC型はこの機体がベースとなっている。

【コメント】

  • V作戦とのつじつまがどうしても合わない・・・おかしいでしょガルマ国葬時にGMが実戦配備されているっていうのは・・・
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。