トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> ザクタンク

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

ザクタンク

【 説 明 】

  • 戦闘で下半身が破壊されたザクと、マゼラベース(マゼラアタックの車両部分)をくっつけた作業用MS。非公式の機体のため、戦線によって細部が異なる。
    あくまで作業用だが、武装を施し(ザクマシンガンなどを持たせるなど)、戦闘に使う部隊も存在した。
    武装は、戦線によって異なるが、基本的にはマゼラベース部分にある35mm機関砲のみである。
  • グリーンマカクと呼ばれる改修機も存在する。
  • クルトとノビコフの搭乗するザクタンクも元々は工兵大隊仕様であり、まともな戦闘用装備はなかったが、
    ガンロンの隊によって二度の修復を受け、ヘッドパーツの換装やキャノンの追加などといったカスタマイズを施される。
    戦闘と改修を繰り返すこの機体には、戦いの度に成長していく新米の二人になぞらえ、「MS BOYS」の呼び名がつけられる。
  • 現地改修機の為、形式番号は存在しない。(MS-06Vはギレンの野望などでつけられたもの)
    ありあわせの物で改修しているため、バリエーションが豊富である。
    有名なのはMSVのマゼラベースにザクの上半身をつけ、両腕がアームになっているものである。

【コメント】

  • MSVですので本編には出てきません。(Zでちらっと出てきます。)
    作業用の機体を戦闘に出すって・・・。
    それほどジオンは苦しかったのでしょうか。
  • ザクキャノンの砲を付けたのもあります。
  • 『ガンダムUC』で砂漠に埋もれたガランシェールを引き上げる際、デザートザク、ドワッジと共に使用された。
  • ちなみにこの機体は
    モビルスーツの中で一番実現しやすい
    らしいです。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。