トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> アッガイ

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

アッガイ

読みあっがい
登場作品機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム第08MS小隊機動戦士ガンダムZZ機動戦士ガンダム カタナ機動戦士ガンダムUC テスタメント
型式番号MSM-04
主な搭乗者アカハナ、ラムジ、イワノフ、クラフト、ハマーン・カーン、ノルト・キスノ、ベルデ・キスノ、ムラマサ・ツルギ、ダリル・ローレンツ

【 説 明 】

  • 水陸両用MS、陸上での運動性能にも優れ、機体外への排熱量が少なかったことから、ステルス性を向上させた偵察用のMSとして生産された、ちなみに複座式。
    08小隊にも登場している。
  • 「08小隊」登場時は、陸戦型ガンダム(カレン機)の頭部を一撃で吹っ飛ばしている。
  • ZZではただの展示物だったが、ハマーンが操縦することで脅威?のつよさを見せた。
  • 1年戦争時、ケープカナベラルに駐留していた2機のアッガイがキャリフォルニアベース目指して北米を徒歩(アッガイの足で)で渡ったという記述がある(公式記録とは書かれていないが)
    この2機のパイロットは兄弟同士だが、道中で様々な活躍を見せている(マゼラトップ砲を野球のバットの様にして敵爆撃機群を撃ち落としたり、ブレイクダンスさながらの動きでガンタンクを粉々にしたり、迫る戦車部隊に対して1機がもう1機をボウリングの球の様に投擲して難易度の高い「クリスマスツリー倒し」を実現したり、現地の連邦軍部隊と協力して敵部隊を撃破したりと多岐に及ぶ)。

    『機動戦士ガンダム カタナ』では、資源惑星「ハーモニー1」で作業機として活動している。
    この機体を操るのは、イットウ・ツルギの祖父ムラマサであり、中破したストライカー・カスタムを改修して『フルアーマー・ストライカー・カスタム KATANA』へと強化している。

【コメント】

  • 恐らく全MSの中で最も可愛いであろうMS
    こいつが可愛くないなんて奴はいない・・
  • なお、ガンダムファイトには、下のランクとしてアッガイファイトなるものも存在し、ドモン、チボデーによるアッガイファイトも行われた。
  • 可愛いヤツなのには間違いないが、実際はガンダムやザクより一回りも大きい(全高19.2m。ガンダムは18m)ため、一緒に並べるとそれなりの威圧感を放つ。
  • この機体の整備用図面に丸い目と耳を書き足した人物がいるらしく、その愛らしさから無骨なジオン軍士官すらも思わず「ベアッガイ」と名づけてしまった。19.2mの可愛いヤツである。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。