トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> ザク僑雰

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

ザク僑雰

読みざくつーじぇいがた
登場作品機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム第08MS小隊機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY機動戦士ガンダム外伝コロニーの落ちた地でジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
型式番号MS-06J
主な搭乗者ノリス・パッカード、ニッキ・ロベルト、シャルロッテ・ヘープナー、コズン・グラハム、ククルス・ドアン、ガースキー・ジノビエフ、ジェイク・ガンス、ケン・ビーダーシュタット、エルマー・スネル

【 説 明 】

  • ザクF型の脚に付いたバーニアなど宇宙用の機能を排除し、地上用に低出力のバックパックに変更されている。武装もクラッカー、フッドミサイル、マゼラ・トップ砲など地上用の武装が用意されている。機体の特徴としては、シールドに突起が施され、スカートアーマーの一部がカットされている。また、森林戦を考えてか、胴体やシールドが濃い緑色をしている。
    しかしオデッサ、キャリフォルニア・ベースなどのジオンの基地が陥落した事により、その使用方法がなくなったため、殆どが解体され、オッゴの部品として使われた。
  • ジオニックフロントに出てきた「闇夜のフェンリル隊」が使うザク僑雰燭蓮▲丱此璽を背負う際に縦に背負うのが特徴である。
    本来、ザクはバズーカを横にして背中(というより腰)に背負うが、これは非常に珍しい。また、ザク気覆匹使うスパイクシールドを持つ機体もある。
  • ユウ・カジマと同じ部隊のフィリップとサマナは、HLV打ち上げまで当機を使い、ジオン軍と戦ったとされる。

【コメント】

  • 08小隊に出てきたのは当機であると言われているが、さらに地上戦に特化した「MS−06JC」ではないかという説もある。
  • MS IGLOO3話ではHLVを守るため出撃したが思うように動けず(オリヴァー・マイ曰くおぼれている)ボール2個小隊に蹂躙されていた
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。