トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> グフ・カスタム

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

グフ・カスタム

読みぐふ・かすたむ
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079機動戦士ガンダム 戦場の絆機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-
型式番号MS-07B3
主な搭乗者ノリス・パッカード、ル・ロアー、ナランソロンゴ・ボルドバヤル、ランス・ガーフィールド

【 説 明 】

  • 白兵戦闘に特化されたMS-07Bグフは、開発された後はその汎用性の無さ故かそれほど多くが出回るものでもなかった。だが、一部のベテランやエースパイロットの間では当機の人気も根強く残り、それら前線の兵士たちの声を受けて、開発当初より少しずつ改良が加えられていった。
    このカスタム機も、そんな改良型の1つである。白兵戦向きの機体ではあるが、間合いに踏み込むための牽制手段として、射撃武器の強化も図られている。取外しが可能な大型ガトリングガン(シールドにマウントされている)や、従来の手そのものがマシンガンであった左手部は、その手首部に3連装ガトリングガンを搭載、手を通常マニピュレータに戻すことにより、攻撃能力を維持しながら汎用性も向上させている。また、機体装甲も一部改良されたほか、ラル搭乗機に比べ、機体色の青色が淡くなっている点も特徴である。
    当機は病院船ケルゲレンを脱出させるために死地に立ったノリス・パッカード大佐が搭乗し、鬼神の如き戦闘を見せ付けた。
    型式番号はMS-07B3。「B3グフ」と呼ばれる場合もあるが、ここでは「グフ・カスタム」としておく。
  • 闇夜のフェンリル隊でも使用されているが、こちらはシールドガトリングを装備していない。その代わり、ケンプファー等が使うショットガンを装備している。
  • モンゴルの銀狼(ガンロン)ことナランソロンゴ・ボルドバヤル大尉は、黒のボディに銀色の両肩を持つグフカスタムに搭乗する。
    三連装ガトリングやヒートロッドなどのグフカスタム本来の仕様に加え、ヒートロッドの原理を利用した文字通りの「格闘」戦用ヒートナックルや、MSの身の丈ほどのヒート金剛棒など、独自の改造が施されている。
  • ジオン公国首都防衛大隊の第一中隊長、大隊長不在時の指揮官代理も務めるランス・ガーフィールド中佐が駆る白いグフ・カスタム爛凜.ぅ后Ε蹇璽辞瓩確認されている。外見上、カラーリング以外ノーマルから大きな変更は見られないが、操縦系統が大幅に改良されている。オデッサ戦において右腕を失った彼のため、片腕での操縦が可能になっている。
  • 固有装備等を見直し、汎用性を高めつつも、「総合的には」性能を落とさないことに成功している。しかし、その内容としては、盾とそこにマウントしたガトリングガンの使い分けによる防御力と射撃性能の強化、デットウェイトになった場合の放棄を前提とした着脱式の腕部マシンガンによる近接射撃能力の維持とマニピュレーターによる汎用性の両立など、(経験や戦闘勘などの)別の意味で人を選ぶ機体となってしまったと思われる。
  • 「第08MS小隊」にノリス・パッカード大佐の愛機として登場。08小隊のEz8や陸戦型ガンダムを圧倒し、量産型ガンタンクを3機中2機を撃破。シロー・アマダのEz8と一騎打ちの末撃破されるも最後の量産型ガンタンクを撃破。ノリス共々見事な最期だった。

    この活躍によりザク、ドムに比べ日の光の当たらなかったグフがファンに再評価され、後の作品においてもエースパイロットがグフに搭乗した。

    MSIGLOO2 重力戦線の4話にも登場するが、ノリス機のような高い白兵戦能力を見せつけることなく撃破された。ガトリングシールドではなく、3連ガトリング砲とその上にシールドを装備していた。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。