トップ > 機動戦士ガンダム第08MS小隊 −−> 陸戦型ガンダム

「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の登場兵器

陸戦型ガンダム

読みりくせんがたがんだむ
登場作品機動戦士ガンダム第08MS小隊機動戦士ガンダム戦記 Lost War Chronicles機動戦士ガンダム クライマックスU.C.
型式番号RX-79[G]
主な搭乗者カレン・ジョシュア、シロー・アマダ、テリー・サンダースJr、マット・ヒーリィ(小説版 漫画版ガンダム戦記)、アラン・アイルワード、デニス・バロウ、リル・ソマーズ、カムナ・タチバナ(クライマックスU・C紡がれし血統)

【 説 明 】

  • 連邦軍が開発した量産型MS
    量産型と言ってもコストがかかるため、東南アジアに駐留してる一部の部隊にしか配備されなかった。
  • カレンの機体は頭部が破損したため代わりに陸戦型ジムの頭部をつけたのでジム頭と呼ばれた。
  • 『機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α』では戦闘はある程度はオート化されており、パイロットは適度に調整にするが、能力を一定に保つ為にリミッターシステムが搭載されており、RX−78−2ガンダムの余剰パーツを使っていたこの機種は個体差が大きく、一定の出力を出せないようにしている。三十秒程度なら解除可能だが炉の出力がでか過ぎる為にメルトダウンを起こすと言う危険性もある。

    ミゲルはリミッター無しで自動回避モードを使ったためにブラックアウトしオートパイロットをマックスモードに入れてしまったのである。
  • シロー機は左足首から下を陸ジムの物に変更されている。(サントラ版より)
  • ガンダムの余剰部品を使用して製造された機体だが、オリジナル機とは全く違う外観とフレーム構造をしていることから、流用部品はジェネレーター周りとアクチュエーターなどの駆動系統だけのようである。その部分が型落ちの不良品であるのが、本機にジェネレーターや関節の不具合が多い原因であると思われる。
  • 最後の方で第06小隊の機体がガンダムハンマーを装備していた。

【コメント】

  • ”機動戦士ガンダム 第08MS小隊 U.C.0079+α”ではBコンテナと呼ばれる物がありマガジンの自動給弾装置が搭載されており、コンテナには弾倉がアームに連結され、マシンガンに自動的につける用に調整されている。主に小隊援護の際に威力を発揮する。
  • サンダース機は最終戦のときにV字アンテナが、RX-78-2と同じ色になっている。
    (黄色と赤→白と赤)
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。