トップ > 機動武闘伝Gガンダム −−> ドラゴンガンダム

「機動武闘伝Gガンダム」の登場兵器

ドラゴンガンダム

読みどらごんがんだむ
登場作品機動武闘伝Gガンダム超級!機動武闘伝Gガンダム
型式番号GF13-011NC
主な搭乗者サイ・サイシー

【 説 明 】

  • ガンダムファイト第13回大会において、ネオチャイナから参加したMF。
    同国の、連綿と受け継がれたMF開発技術がまた一つ結実した形となった当機は、何よりその環境適応能力の高さが最大の長所。さまざまな地形のある地球上において、この能力は確実な武器となっている。
    また、武装も間合いを選ばないものが揃っている。腕部はそのまま伸縮自在の龍の頭「ドラゴンクロー」となり相手の首を噛み砕くことが可能。また12本の持ち合わせがある「フェイロンフラッグ」は単体でも槍や棍として使用が可能な他、旗状のビームを発し、簡易ビームシールドや、敵の動きを封じる結界のような使い方も出来る。その上にファイターの特技である少林寺拳法が加わるのだから、その戦術の多彩さは枚挙に暇がない。
    必殺技は「フェイロンフラッグ」を活用した「宝花教典”十絶陣”(ほうかきょうてん じゅうぜつじん)」と「宝花教典”五火七翎旗”(ほうかきょうてん ごかしちしょうき)」。さらにギアナ高地での研鑽の結果、決勝大会で見事発動した「真・流星胡蝶剣」。これだけの要素を持ちながら優勝に手が届かなかったのは、若年ファイターによる”実戦不足”ではないだろうか?
  • 武装

    フェイロンフラッグ
    肩部および背部バックパックに装備された防御兼用格闘装備。
    伸縮しての使用のみならず、フラッグ同士を連結しての使用が可能。
    防御に用いる場合は、旗状のエネルギーを展開し、相手の攻撃を防ぐ。
    直接格闘戦に用いる場合は、槍の要領で使用する(サバイバルイレブンでは実体刃、
    決勝大会ではビーム刃に変更されている)。
    この二つの使用のみならず、相手の攪乱にも用いられる。

    ドラゴンクロー
    伸縮可能な両腕に装備された竜顔を模した武装。
    相手に直接打撃を加えるのみならず、内蔵された火炎放射器による攻撃も可能。

    火炎放射器(ドラゴンファイヤー)
    ドラゴンクロー内に内蔵された射撃兵装。
    地上での戦闘のみならず、宇宙での戦闘にも使用可能。

    弁髪刀
    頭部の後方に装備された牽制用の武器。内部に仕込まれている。
    破壊された際は、弁髪の構成部分が解ける。

    必殺技

    宝華教典・十絶陣
    ファラオガンダム言い僕僂い蕕譴慎察
    フェイロンフラッグを全て連結、全て相手の足元に向けて投げ付け、地面に突き立ててビ
    ーム旗を展開、そこにドラゴンファイヤーを放ち、竜巻状に包み込んで相手を攻撃する。

    宝華教典・五火七霊旗
    ボルトガンダム戦に用いられた技。
    相手の周囲にフェイロンフラッグを突き立て、相手に打撃を喰らわす。

    真・流星胡蝶剣
    少林寺の技術を使用しての戦闘を得意とするサイ・サイシーが、決勝大会でゴッドガンダムに対して放った少林寺関連の最終奥義。
    金色のハイパーモードに変化し、機体背部から蝶の翅状のエネルギー波を展開、相手に
    向かって突撃する。
    劇中で、ネオチャイナ総帥の発言によると、使用と引き換えに命を失う技とされている。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。