トップ > 機動武闘伝Gガンダム −−> クーロンガンダム

「機動武闘伝Gガンダム」の登場兵器

クーロンガンダム

読みくーろんがんだむ
登場作品機動武闘伝Gガンダム超級!機動武闘伝Gガンダム
型式番号GF12-035NH/GF13-001NH
主な搭乗者東方不敗 マスター・アジア

【 説 明 】

  • 第9回大会から、前人未到のガンダムファイト3連覇を成し遂げたネオイングランドのブリテンガンダム。ここにきて、MFの重武装化は一層拍車がかかり、純粋な”格闘技”はすっかり影を潜めてしまっていた。それだけではなく、大国間による戦争を回避する策として創められたガンダムファイトの在り方そのものを否定しかねない風潮も流れ始めていたのである。
    それを危惧したシャッフル同盟は「キング・オブ・ハート」こと東方不敗をファイトに送り込む。格闘技「流派東方不敗」の使い手である東方不敗は、シャッフル同盟の意向を受け、第12回大会においてその超絶的な格闘技の数々を披露し、再びガンダムファイトの本来の意義を取り戻すことに成功したのである。
    当機は、第12回大会において東方不敗が搭乗したネオホンコンのMFである。飛び道具は胸部にあるマシンキャノンのみ。武器もマスタークロス(例の布)以外は装備せず、純粋に格闘向けのセッティングが施されている。それゆえ、他のMFに比べ運動性、パワー、防御力などの基本性能において1歩以上抜きん出ており、また東方不敗の繰り出す絶技を正確にトレースすることで、外見から見られるお国柄以外は特徴の無いMFに圧倒的な力と、他のMFを大きく凌駕するアドバンテージを機体に与えているのである。
    第12回大会ではディフェンディングチャンピオンや猛追してきたネオジャパン代表機(ウルベ少佐搭乗機)を倒して優勝し、また13回大会においてもサバイバルイレブンの中盤戦までを戦い抜き、満を持してマスターガンダムにバトンタッチした。
    必殺技「超級覇王電影弾」でデスアーミー軍団を一蹴するその姿に、ただただ圧倒されるばかり!

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※名前部分(セリフの場合はセリフ自体)をクリックで簡単に自分の文章や台詞の削除、編集が出来ます。この項目に一度投稿したことがある方は追加ではなく編集をご利用下さい。
(投稿時に設定したパスワードが必要です)
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。