トップ > 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY −−> ブルデュエル

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY」の登場兵器

ブルデュエル

読みぶるでゅえる
登場作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY
型式番号GAT-X1022
主な搭乗者ミューディー・ホルクロフト

【 説 明 】

  • 前大戦で連合に開発され、ヤキンドゥーエ戦を戦い抜いたデュエルガンダムをアクタイリオン社がアクタイリオン・プロジェクトにより再生産、改修を施し、戦闘能力をアップさせたマイナーチェンジ機である。その性能を見初められ、ファントムペインに正式採用される。ザフト軍が、デュエルの弱点をカバーするために開発した、増加アーマー<アサルトシュラウド>。これは連合の開発陣の注目の的になった。これをベースに、連合は<フォルテストラ>という増加アーマーを開発、デュエルガンダムに取り付けた。アサルトシュラウドは、PS装甲を持たず、通常の装甲が使用されていた。さらに、緊急時には強制排除できるが、こちらは固定武装のうえにPS装甲を持っている。さらに各部にスラスターを装備し、デュエルの持つ高機動力を殺さず、重力下でも高い機動性を持つ。ビームサーベルは背中から足のアーマーに移行され、モーションを少なくしている。腕のアーマーにはリトラクタブルビームガンを装備、狭い場所での取り回しに特化し、高い接近戦能力を持つ。左肩のアーマーには、スティレット投擲貫通弾が装備されている。これは量産機ウィンダムにも装備されているものと同系列のもので、マニュピレーターで投げて使用する。装甲に突き刺さり、そのまま爆発を引き起こす。三本装備されている。また、右肩にはシールドがユニバーサルアームに固定され、腕に頼ることはない。さらにそのシールドの裏には、スコルピオン機動レールガンを装備、外見はザフトのレールガン<シヴァ>と全く同じだが、威力は、スコルピオンのほうが高い。シベリア戦線において、一瞬の隙を突かれ、行動不能に陥る。三機のケルベロスバクゥハウンドによって奮戦空しく撃破される。
  •  デュエルの改修機で基本性能が高いのに不当言えるほどの低評価されたこの機体もザフトが強奪しクルーゼ隊が運用した事で運用データにより皮肉にも高い評価を得た。特にアサルトシュラウドの有効性は注目されロングダガーやデュエルダガーにもフォルテストラが開発されたほどである。

     ブルデュエルは再設計したフォルテストラを固定装備にしPS装甲加工により防護機能を向上させ重量増加分をスライダーの大型化により機動性を向上をさせた。

     リトラクタダブルビームガンは両手のキャニスターに収容され戦闘時に展開出来るように可動式になっている。これは射程が短いビームガンであるが近接戦闘に特化した機体であるので問題はない。

    シールド裏にリニアガンを装備しておりリニアガンはユニバーサルジョイントの自由度が高い物なので射撃時に邪魔にならない。肩部には手裏剣爆弾を装備しており通常装甲なら軽く貫通できる。

    機銃やビームサーベルはダガー系と同じでありファントムペインの特異的な性質上にあわせた仕様にしている。
  •  アクタイリオン・プロジェクトに基づき、アクタイリオン社により『新たに開発・生産』された初期GAT-Xシリーズであり、各種演習・実戦データ収集を実施し、パイロットである『ミューディ』の特性に合わせカスタマイズした機体。
     アクタイリオン社の高い技術力により、ベース機となる新型デュエルもオリジナルに比べ性能向上がしており、PS装甲は黒くなっており防御力が高まっている。
     このプロジェクトの目的は、地球連合がGAT-Xを改めて試験・評価・最新技術での改良を施す事で、次世代機の方向性を模索するもので、このプロジェクトにより獲られた運用データやパイロットの意見は、将来的に連合の新たなMS開発に生かされる事になる。
  • 最期はボナパルトの護衛戦中に虚を突かれた攻撃で手足を破壊されて地に伏し、為す術もなくバクゥハウンド3機にコクピットを滅多刺しにされて撃破、パイロットも戦死した。
    この時の様子はバクゥのデザインもあってさながら獣に食われているように見え、更にパイロットの悲鳴も加わる事で、かなり凄惨な光景となっている。

    その点で当機は、シリーズでも屈指のショッキングな最期を迎えたガンダムタイプの機体とも言えるだろう。

【コメント】

  • これが一般部隊にフィールドバックさえしていれば戦死者はかなり減らせたかもしれないが……。
  • プラモではデュエルにアーマーをかぶせていくため、アーマーはパージできると、誤解されやすい。
  • プラモは設定画を参考にしたとは思えないほど着膨れしている。素体に生デュエルを使用したから仕方ないとは思うが…
  •  よく勘違いしてる人がいますが、テレビシリーズに登場したデュエルとは『全く関係無く』、『アクタイリオン社が新たに開発・生産』した機体をベースに、カスタマイズしたモノです。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。