トップ > 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY −−> ネロブリッツ

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY」の登場兵器

ネロブリッツ

読みねろぶりっつ
登場作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY
型式番号GAT-X207SR
主な搭乗者ダナ・スニップ

【 説 明 】

  • アクタイオンプロジェクトにより製作された”GAT−X207 ブリッツ”の改修機。格闘機能を強化している他に背中に装備された巨大アームはPS装甲を砕く事も可能であるが作戦中にはこのパーツがクリスタル化するがその能力は不明だがロウによる推測は内部屈折率を任意で変えられると言う事は液化金属を充填していると言う事である。透明化できない動力パーツは屈折率によって完全に避けられ同時に透明に見えると言う事である。

    ダミーバルーンを装備し、ディアゴのアストレイMJを苦しめるがジェスのアシストもあって結局は撃破される。
  • 核エンジンを搭載する。(ちなみにブリッツの量産型であるNダガーNも核エンジンを搭載する。総じてブリッツ系の機体は核エンジン搭載機が多い)
  •  背部に搭載された、一対の巨大アームは例えPS装甲であろうと破砕可能である。その上、クリスタル化機能があり、内部の屈折率を変化させれば敵の放ったビームを任意の方向へ反射することが可能である。反射方向を制御可能なため、オーブの『暁』の装甲より、応用の利く装備である。
  • 武装

    攻盾システム「トリケロス」
    オリジナルのブリッツは右腕に装備されていたが、本機は左腕に装備されている。
    本機は、格闘戦を前提とした設計思考の為、レーザーライフル・ビームサーベルは撤廃さ
    れている。
     3連装超高速運動体貫徹弾「ランサーダート」
     オリジナルのブリッツに装備されていた物と同一の武装。トリケロスに増設された発射   口から放たれる。

    6連ランチャー&クロー
    右腕に新しく装備された武装。クローは敵機を捕獲・格闘戦に対応している。
    クローの内部に6連装の砲身があり、通常弾はもちろん、ダミーバルーンも射出が可能。

    可変アーム
    オリジナルの相違点ともいえる背面に装備されたアームユニットおよび対ビーム戦装備。
    1対の大型クロー・3対の小型クロー・パイルバンカーで構成されている物理兵器。
    試験データによると、PS装甲すらも握砕する威力を持つ。
    内部の屈折率を変更する際、クリスタル化させる事で、アームに受けたビームを別の方向に弾く事が可能。この状態では不可視状態になり、見えないアームにも役立つ。
    但し、使用回数が増す度に充填された液化金属が劣化する為、制限が設けられている。

    ミラージュコロイド
    C.E.71と比べると、粒子の定着時間が延長されている。同時に核エンジンを搭載された事
    で、使用時間の制限が無効にされている。

【コメント】

  • ”RGX−00 テスタメント”や”MBF−P01−Re2<AMATU> アストレイ・ゴールドフレーム天ミナ”の影響を受けて製作された可能性が高い。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。