トップ > 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY −−> ストライクガンダムE

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY」の登場兵器

ストライクガンダムE

読みすとらいくがんだむいー
登場作品機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS機動戦士ガンダムSEED C.E.73 STARGAZER機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY
型式番号GAT-X105E
主な搭乗者スウェン・カル・バヤン、ルカス・オドネル、ダナ・スニップ、エミリオ・ブロデリック

【 説 明 】

  • 旧大戦時に開発されたストライクガンダムをワンオフ強化した機体。(Eとはエンハンスドという言葉を示す)
    VPS装甲の搭載に伴い、本来の鮮やかなトリコロールカラーからやや暗いカラーリングとなっている。
    アーマーシュナイダーを廃した代わりに速効性、連射性に優れたビームライフル・ショーティーを標準装備。近接自動防御火器システムも、威力重視のイーゲルシュテルンから弾数を重視したトーデスシュレッケンに変更され、肩にも新たにバーニアを新造している。
    これに伴い、ストライカーパックも強化されたものが生産されている(これらは現段階ではアナザーソード、アナザーランチャー、ノワールストライカーが確認されている)。
    尚、アナザーソードを装備すると機体色は明るい白、赤、水色に染まり、アナザーランチャーを装備すると深緑、赤、黒に染まる。
    このストライクEは少数が生産され、エースパイロットに使用されている。
    スウェン・カル・バヤン仕様機・・・ノワールストライカー装備型(ストライクノワール)
    ルカス・オドネル使用機・・・IWSP装備型(状況によってはアナザーランチャー、アナザーソードも使用する)
    ダナ・スニップ仕様機・・・アナザーランチャー装備型
    エミリオ・ブロデリック仕様機・・・アナザーソード装備型

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。