トップ > 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY −−> シビリアンアストレイJGカスタム

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY」の登場兵器

シビリアンアストレイJGカスタム

読みしびりあんあすとれいじぇいじーかすたむ
登場作品機動戦士ガンダムSEED FRAME ASTRAYS機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAYガンダムEXA
型式番号MWF-JG73
主な搭乗者バリー・ホー、レオス・アロイ

【 説 明 】

  • 東アジア戦線でもバリー・ホーの搭乗する機体が確認されている。
    しかし、スーの駆るケルベロスザクウォーリアーによって四肢をばらばらに切り刻まれてしまった。
  • DSSDで運用されていたシビリアンアストレイDSSDカスタムをベースに、ジャンク屋組合で開発された量産型MS。

    DSSD型との外見上の差は、バックパックがP0シリーズと同型(ビームサーベルも搭載されている)であることと、頭部のデザインが若干変更されていることが挙げられる。また、フレーム色は民間機を示すオレンジ色となっている(ただし、大体は塗り替えられてしまう傾向にある)

    以前にジャンク屋が販売したレイスタは、M1アストレイの部品やジャンクをベースに製造された機体であったが、この機体は一から新規の純正部品で生産されている。
    また、レイスタはダガー型の頭部が標準装備であったが、ガンダム型にカスタムされることが多々あったことから、こちらは当初からガンダム型で作られている。

    ほとんど中身も外形も同じなので、3分の1ほどのパーツを交換すればP0シリーズと同じ外観にする事もできる。ただし、それにはバカ高いコストがつく為、実例は少ない。

    また、手足の交換が容易な構造なので、ターンデルタやマーズジャケットの素体にされたり、「FRAME ASTRAYS」ではブルーフレームと同じ姿にした上で、IWSPや多数の武装を取り付けた機体がルカス率いる第4軍で使われた。

【コメント】

  • ルカス率いる第四軍では、シビリアンアストレイJGカスタムに沢山の兵器を、
    盛り込み、第二のフルウエポンと別名で呼ばれるほどの機体に仕上げた機体が存在する
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。