トップ > 機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY −−> ターンデルタ

「機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY」の登場兵器

ターンデルタ

読みたーんでるた
登場作品機動戦士ガンダムSEED C.E.73 ASTRAY機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
型式番号MMF-JG73L
主な搭乗者セトナ・ウィンターズ、アグニス・ブラーエ

【 説 明 】

  • スターゲイザー、デルタアストレイ同様ヴァワチュール・リュミエールを持つMSであり逆三角形の形状を持つ事からターンデルタと呼ばれている。

    量産型アストレイの後継機的なポジションであり『機動戦士ガンダムSEED DESTINY ASTRAY 絆を求める者』に収録されたMS開発系統図にシルエットで初登場している。


    火星圏から帰還したロウがシリビアンアストレイジャンク屋仕様をベースに開発した機体であり形式番号は”メイン・マーズ・フィギュア・ジャンク屋ギルト73年式ロウ製作”となっているFは自由に使えと言う意味でつけたらしい。

    ロウが特殊な立場にいた事からMSを開発する各組織や開発系統を飛び越えてさまざまな技術が投入された。これはロウの趣味によるものでヴォワチュール・リュミエールもその1つであるが核エンジンを搭載してないので実用レベルではないが多数のカスタムパーツを使用しているので性能はデルタと同格だが一部機能ではデルタを凌駕する。
  • ロウは本来デルタから核エンジンを本機に移植しようと考えていたが、自分の与り知らぬところで追加されたトラップが枷となって無理だと分かった為、代わりにデルタを改造して、ヴォワチュール・リュミエールを媒体にしたエネルギー送信でターンデルタの稼動時間の延長、あるいはヴォワチュール・リュミエールのパワーアップをできるようにした。
  • 謎の組織ライブラリアンの攻撃によって大破することになる。その残骸はアグニスによってロウに提供され、ヴォワチュール・リュミエールをレッドフレームに移植することになった。
  • 「VS ASTRAY」においては、カイトの駆るレーゲンデュエルと激突。多彩な戦闘を見せるカイトによって機体は中破してしまう。
    その後、カイト自身の手によってロウのいるジャンク屋組合の施設へと輸送された。

【コメント】

  • ∀ガンダムやターンXを連想したファンも多い筈で月光蝶装備とかゴッドフィンガーが可能とか、分解攻撃が可能とかジョーダン半分で言われていた。
  • ヴォワチュール・リュミエールの展開パターン、名前、腕の武器(ターンデルタならビームサーベル、ターンXならシャイニングフィンガー)を見るに、この機体はどうやら∀やターンXに影響を受けているようだ。(さすがに見た目まではパクる事はなかったが・・・)
  • 「VS ASTRAY」には名前のみ登場、撃墜され大破したということになっているがその描写ない。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。