「機動戦士ガンダムUC テスタメント」の登場兵器

Zガンダム

読みぜーたがんだむ
登場作品機動戦士Zガンダム機動戦士ガンダムZZ機動戦士ガンダムUC テスタメント
型式番号MSZ-006
主な搭乗者カミーユ・ビダン、ジュドー・アーシタ、ルー・ルカ、アポリー・ベイ、ファ・ユイリィ、アストナージ・メドッソ

【 説 明 】

  • Ζ計画の下、アナハイム・エレクトロニクス社によって開発されたグリプス戦役における最高傑作機。
    エゥーゴのエースパイロットであるカミーユの粗案を取り入れた機体で水陸宇宙戦闘が可能なうえ、単機での大気圏突破能力を有する。
    小は機関砲から大はハイメガランチャーまで運用する可変MSであり、大火力と加速力によって敵艦隊直掩を突破し、単機で敵艦を撃沈するという思想の下に設計されている。
  •  エゥーゴの試作MS。
     アナハイム社が「Z計画(Zプロジェクトとも)」の集大成として完成させた可変MSであり、ガンダムMk-兇肇ミーユ・ビダンの設計案を参考に設計された。
     機体性能は、火力、機動性共に優れ、グリプス戦役に参加したMSの中では、トップクラス。
     後にバイオセンサーが装備され、機体の反応速度が倍加している。
     主武器はビームライフル、ハイメガランチャー。ガンダムと同様にビームサーベル2本とバルカン2対を常装備している。
     カミーユ・ビダンの操る、ZはUC上最強のMSとまでいわれ、ビームサーベルから高出力のロング・ビームサーベルを、さらに、パプテマス・シロッコ操る、ジ・Oを相手に、絶対的な機動性を持って、機体を体当たりさせていた。またその時に、カミーユの精神能力によって、バイオ・フィールドが展開されており、遠距離攻撃は無効化されていた。
    その戦果は計り知れない。
  • 後継機にはZ兇篶婿嵯燭烹+系が存在している。また3号機にはカラバに属していたアムロが使用していた事で有名に……。
  • グリプス戦役活躍した試作型可変モビルスーツ。ジュドーがΖΖに搭乗するまではこの機体で戦い抜き。後半辺りではルー・ルカが搭乗する。
  • ZZ46話でクイン・マンサに中破させられたが、後に終戦後連邦軍が回収した。その後、修理を受けて百式と共に秘蔵された。

    尚、アムロは第2次ネオ・ジオン抗戦の際この機体(Z)を連邦に配備の要求をするほど高性能な機体であった。0120年時代のMSの機体性能にも匹敵した。
  • カミーユが当初考えていたウェイブライダー形態のプランは、MSにオプションのフライングアーマーを装備するという物で、これは後のリ・ガズィに通じるものがある。しかし技術的な進歩もあり、機体そのものを変型させる方式に変更となった。

    ただしカミーユの原案をほぼそのまま取り入れた「1/2(ハーフ)Zガンダム」という機体が、地上ではカラバ、宇宙ではエゥーゴで運用されたという記録もある。

【コメント】

※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。