「機動戦士ガンダムUC テスタメント」の登場兵器

ジムII

読みじむつー
登場作品機動戦士Zガンダム機動戦士ガンダムUCガンダム新体験 グリーンダイバーズ機動戦士ガンダムUC バンデシネ機動戦士ガンダムUC 星月の欠片機動戦士ガンダムUC テスタメント機動戦士ガンダムUC 0094 アクロス・ザ・スカイ
型式番号RGM-79R、RMS-179
主な搭乗者連邦軍 エゥーゴ、ビア・キュトリエム、エンデ・アベニール、ボンチャイ・ヤスコビッチ

【 説 明 】

  • RGM−79GMに改良を施したGM兇老深鞍峭罎RGM−79R、グリプスで機体を新たに再設計したのがRMS−179となる。
  • 小説版及びova版ガンダムucにも登場。完全なロータル機であり、戦力としては心許ないが、運用面での使い勝手の良さから、ジェガンの登場後も多くの機体が一部の連邦施設に配備されている。ova版のep4において通常カラーがダカールトリントン湾岸基地に、デザートタイプがトリントン基地に配備されている。デザートタイプのはU.C.0083に当基地に配備されていたジム改(砂漠仕様)のカラーリングと酷似している。

    武装はパープーン・ガンやバズーカを装備していた。

    劇中ではやられ役に撤しており、より旧式のMSで構成されたジオン残党軍にすら多数が撃破されている。
  • 地球連邦軍の主力MS。一年戦争時の主力機だったジムを改修(マイナーチェンジ)した機体である。

    主な改修内容は、ジェネレーターの出力強化、センサー類の増設、コクピットのリニアシート化、武装をビームスプレーガンからビームライフルに変更するなど、性能上は装甲以外はRX-78ガンダムを上回るものとなった。しかし、所詮マイナーチェンジというレベルであり、グリプス戦役期にはより高性能な機体が多く登場した事で前線からは引きつつあった。

    形式番号に関しては、ジムから改造された機体はRGM-79R、グリプスにて新規生産された機体にはRMS-179というナンバーが振られている。

    機体カラーは、連邦軍/ティターンズが赤主体の従来機に近い色で、エゥーゴは緑主体のものがメインとなっているほか、ネモと同じカラーに塗られた機体も存在する。

    グリプス戦役後は、多くが退役およびより本格的に強化されたジム靴悗硫修が行われたとされるが、90年代以降のジェガンが配備されるような時期になっても運用される機体もまた多く存在した。

【コメント】

  • ネモカラーに塗装された機体が一部存在する。
  • 第1話でサイド7守ってた機体を見た時、旧ジムとの違いが判らなかった。
  • U.C.0096でも運用されている。若干のマイナーチェンジを加えられているが、その性能は戦力的にもはや心許ない。
  • 単なる雑魚という印象が強いが、装甲以外の性能はガンダムを凌駕している。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。