トップ > ガンダムセンチネル −−> ヌーベル・ジムIII

「ガンダムセンチネル」の登場兵器

ヌーベル・ジムIII

読みぬーべる・じむすりー
登場作品ガンダムセンチネル機動戦士ガンダムUC 0094 アクロス・ザ・スカイ
型式番号RGM-86R
主な搭乗者レックス・ファビオ

【 説 明 】

  • 既存のジムからの改修機と異なり新規に製造されたジム掘F溝里稜儡ダクト形状、及び数がネロタイプと同じで、印象がかなり異なる。
  • ジムIIのさらなる性能向上を目指して開発されたジムIIIには、ジムIIからの改修と新規作成の2種類に分かれており、こちらは後者の新規作成型である。
    ジェネレーターがより強力なものに変更されており、それに伴い排気ダクトもネロのように4つある。頭部は新設計となっており、バルカンの装弾数増加、センサーが強化されている。ジムIIの改修機であるジムIIIと比較しても性能は向上しており、ガンダムMk-IIの簡易量産型とも呼べる性能を誇る。
    武装はジムIIの装備を共有していたジムIIIとは違い、連邦軍のモビルスーツ用兵装の大半が使用可能である。
  • 宇宙世紀0094年、太平洋のマリアナ基地で技術検証用に配備された機体が確認されている。
    他の検証用機と同じように、同基地の立入厳禁区域、通称「ボイド・クリフ(役立たずの崖)」に格納されていたが、同年マリアナ基地に教導隊である「レイヴン隊」が襲撃を仕掛け、最高機密であった機体を奪取したために本来の目的が終了。

    それから間もなくして、同基地のパイロット達で構成された特務部隊「フレスベルグ隊」のパイロット、レックス・ファビオ中尉の機体として再配備されている。

【コメント】

※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。