トップ > ガンダムセンチネル −−> ゾディ・アック

「ガンダムセンチネル」の登場兵器

ゾディ・アック

読みぞでぃ・あっく
登場作品ガンダムセンチネル
型式番号AMA-100
主な搭乗者トッシュ・クレイ、ファスト・サイド

【 説 明 】

  • 全長200mを超えるネオ・ジオン軍のMAであり大気移動と呼ばれる大気利用軌道変換を行なう低軌道制空MAと言う特殊な局地MAである。大気の反作用を利用した旋回をして飛行方向を変えるのは既にウェーブライダーで実現していたが戦艦クラスでこれをするには並大抵の技術や工業能力では不可能に近くアクシスの工業能力を謙虚に表した機体といえよう、

    ゾディ・アックは二つのテーパーが異なる円錐を同心上で滑らかに接合した形だが半円錐型MAゾアンが二機合体した状態をゾディ・アックと呼んでいる。強大なメカ粒子砲を持ちコロニーレーザーを除けばU.C.では史上最大クラスの破壊力を持つ。

    当初はサイコミュ兵装搭載も予定されたがトラブルが続出し”ペズンの叛乱”の時にはアクシスの外交も硬貨し試作MAでも実戦導入は当たり前と言う事で分離・合体と主砲偏向に収束テスト後にネオ・ジオン軍の前哨艦隊と共に地球に向かい大気圏内でのテストが済むと廃棄される予定だったがニューディサイズに譲渡し彼らは見事に大気利用機動を用いて高い機動性を実証したが主砲のトラブルで撃破された。これは大型メカ粒子砲が主エンジンとメイン推進剤タンクに隣接しており大電力の供給に耐え切れない欠陥品であったためである。

    この件で量産型も計画されコンパクト化と欠点の改善された準サイコミュ兵装MSの開発が優先され開発が見送られそうになった。

    母艦はムサイ級を改造した専用母艦で運ぶ構想にしていた。

【コメント】

※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。