トップ > ガンダムセンチネル −−> Ex-Sガンダム

「ガンダムセンチネル」の登場兵器

Ex-Sガンダム

読みいくすぇすがんだむ
登場作品ガンダムセンチネル
型式番号MSA-0011[Ext]
主な搭乗者リョウ・ルーツ

【 説 明 】

  • Sガンダムを重装備にした形体。
    Gクルーザー形体にも変形する。
    ALICEシステムも搭載している。
  • Ex−Sガンダムは、 型式番号MSAー0011[Ext]のExtはExtrordinaryの略。巡航形態Gクルーザーに変形する能力を備えた、Sガンダムの最強形態であり、これが本来の姿だといっても過言ではない。推力はバックパックだけで11倍に強化され、重いExt型に軽快な機動力を与えている。外見的に目立つのはバックパックの巨大化、胸部中央を覆う白い装甲、また脚部が一回り太くなって安定感が増したことなどだが、「フルアーマー」「強化型」等のバリエーションMSとの決定的な違いは、追加・交換された計8個の強化パーツがSガンダム本体と同時設計だという点にある。つまり、最初からこれらのオプション追加を前提とした機体設計がなされており、従ってそのトータルバランスの完成度は凡百の追加装甲システムの比ではない。だからこそGクルーザーに変形もできるのである。実際、装甲強化のための換装と呼べるのは胸部パーツのみで、しかもここにはコクピット保護のためのIフィールドジェネレーターが内蔵されているらしい
  • 最終的に大気圏にゾディアックごと突入し、アリスが勝手に起動。リョウら三人を強制脱出させて自らを犠牲にして、ゾディアックごと爆散する。

【コメント】

※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。