トップ >  −−> ハイザックTR-2[ビグウィグ]

「ハ」から始まる登場兵器

ハイザックTR-2[ビグウィグ]

読みはいざっくてぃあーるつー[びぐうぃぐ]
登場作品ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
型式番号YRMS106+BL-85X
主な搭乗者エリアルド・ハンター、カール・マツバラ

【 説 明 】

  • MSが携帯可能な長射程ビーム砲は大型の為に輸送する推進機関やオペレーションシステムが必要であり一年戦争時にも連邦軍はバストライナーにジオン軍はスキウレがありこれが下地になってGP03のアームドオーギスが開発され皮肉にも実戦データを齎した。しかしGP03の様なアームドオーギスは大型化でとても通常任務では使用できないので”BLー85Xビグウィグ”は小型化に勤めハンガーに収まりきれないが一応アレキサンドリア級には搭載できる。ハイザックを使用しているのは既にザク狂經型にて部品交換が容易なユニット化が進み機体改造がとても簡単に出来る上に機体外部に動力パイプが露出しており外部機関に出力しやすい。

    専用シールドにはバーニアを装備しており試作型高出力ロングレンジビームキャノンに装着され移動モードには姿勢制御用バーニアになっている。推進基部は独立しており他のユニットとの併用使用でき脚部前方はクローアームになっており格闘用よりも戦艦の縁を掴んだりする為である。

    これが後にグリプス戦役で使用された強化メガランチャー実用化へとなる。
  • ビグウィグが射撃を行う際、荷電粒子の影響で周りのジム兇機能不全に陥ることがある。

【コメント】

  • 注意すべき点として、武装用のジェネレーターにハイザックの胴体を丸々ひとつ背負っているため、当機の名称は「ハイ(Hi)」ザックではなく「バイ(By、2つの意)」ザックとなっている事が挙げられる。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。