トップ >  −−> ハイザック先行量産型

「ハ」から始まる登場兵器

ハイザック先行量産型

読みはいざっくせんこうりょうさんがた
登場作品ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに
型式番号YRMS-106
主な搭乗者エリアルド・ハンター、ウェス・マーフィー

【 説 明 】

  • A.E社が吸収合併したジオニック社のノウハウを駆使して開発した機体であり既に一年戦争末期に確立されていた各部ユニット化は連邦軍陣営に衝撃を与え早急にジムに取り入れる必要があった。量産型しては初のリニアシート&全周囲モニターを採用しGP03の技術がフィールドバックされている。

    戦後早急に体制を立て直す為にもMSが必用であったがジム系は不安が残り連邦軍は仕方なくハイザックの制式採用を決定しT3部隊に送れた時点でティターンズにもは制式採用が決定されていた節がある。

    現場士官らは不満があったが士官学校では接収されたザク兇鮖藩僂靴討い詢磴鮓れば頑丈で信頼性があり更に動力パイプが外に露出しているので外部出力が容易で現場施設で外部出力コネクターに代えられる利点もある。その為にTR−2ビグウィグのコアユニットして使用できこれが強化ハイメガランチャーへと発展する事になる。

【コメント】

  • ザクの後継機を使用しジオン残党軍に心理的圧力をかけるつもりが逆効果になりグリプス戦役以降はジム系に主力を奪われたがネオ・ジオン軍が接収したケースもある。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。