トップ >  −−> リゼル

「リ」から始まる登場兵器

リゼル

読みりぜる
登場作品機動戦士ガンダムUC機動戦士ガンダムUC バンデシネ
型式番号RGZ-95
主な搭乗者リディ・マーセナス、ノーム・バシリコック、タグザ・マックール、ホマレ、プール、イアン、地球連邦軍、エンデ・アベニール

【 説 明 】

  • アナハイムエレクトロニクスが掲げる、ゼータガンダムの量産を目的に開発されたリファイン・ガンダム・ゼータ・プロジェクトの1機。「リファイン・ゼータ・エスコート・リーダー (Refine Zeta Escort Lerader)」の頭文字の略称 (ReZEL) で、連邦軍内では「ロミオ(ロメオ)」なるコードネームでも呼ばれている。
    本機の量産化は一応の成功を収め、ロンド・ベルのネェル・アーガマにも、隊長機を含め8機が配備されている。先にアナハイムエレクトロニクスが開発していた、RGZ-91リ・ガズィ。これは最初のリファイン・ガンダム・ゼータの一機であった。ゼータガンダムの量産機として開発されていたが、機体の変形機構は廃されている。代わりとしてBWSバックウェポンシステムによる簡易的可変しか行えなかった。そのため、バックウェポンシステムによる可変はコストを大幅にダウンさせたが、大きな欠点が残った。バックウェポンシステムは艦内部でしか装着させることが出来ない。同様に、一度廃棄すると再合体は艦内部でしか行えない点である。その後、アナハイムではこの欠点を克服すべく数機のテスト機を開発している。そして、変形機構を根本から見直し、アナハイムは変形機構をゼータガンダムの物から、MSA-005 メタスの方式に差し戻すことで簡略化。さらに一部内装をジェガンと共有化させることでコストダウンに成功している。ジム・ジェガン系モビルスーツの系譜としては初の可変MSで、性能においても優秀な機体となった。両翼にジェガンを掴まらせ、そのまま敵陣まで牽引する。

    一般兵が操縦する通常仕様機と、隊長クラスのパイロットが操縦する隊長仕様機のコマンダータイプのバリエーションが存在する。主な違いは、配色とバックパックのユニット。通常仕様ではセンサー類は赤で統一されており、隊長機はグリーンで統一されている。また胸部の装甲が、体長機がダークグレー、一般機はダークブルーという具合である。バックパックは体長機のみ、ウイングユニットを備えたバックパックに変更されている。これによってウェイブライダー時、より航空機らしいシルエットを形成する。また、高出力のメガ・ビーム・ランチャーをオプション装備している。なお、両仕様機が使用するビームライフルは、これまでのゼータ系列が使用していたロングレイジバレルのものがベース設計となっているが、ジェガンが使用する既存のビームライフルのEパックをそのまま使用できるようになっている。このあたりからもアナハイムによるコストダウンの努力が窺える。しかしこれらのコストダウンを行ったとしても、それまでの性能を損なうことは無い。砲口からビームサーベルを発進させるなど、既存の能力をそのまま残すことにも成功している。またメガ粒子の発射時間を延長し、ビームの長時間射出させる機能を備える。まるで薙ぎ払うようにビームライフルを発射させることが出来るため、パイロットから「ギロチン・バースト」と呼ばれた。ウェイブライダー時に機首となるシールドには三点バースト式ビームガンが内蔵されているため、Z系列の完成型とも言える「MSZ-006」とは異なり、上下反対に装備される。シールド先端はビームガンの砲口より突き出しているため、接近戦時における打突兵器として使用することが可能。アクチュエーターや内装電子部品などもジェガンと可能な限り共通化されている。変形機構では「MSZ-006」を建造する際に設計された副産物的機体「MSA-005」の変形機構を見直し採用したことで、コストダウンとZ系列特有のピーキーな性能の緩和を実現している。
  • 全高:20.5m
    本体重量:25.84t
    ジェネレーター出力:2220kW
    スラスター総推力:81500kg
    センサー有効半径:14920m
    装甲素材:ガンダリウム合金
  • 本機には、一部熟練パイロット、エースパイロット向けに用意された特別仕様機が存在する。
    練度の低い新人MSパイロットにも操縦出来るように、MSの限界性能をあえて引き下げる調整がなされた一般機をベースに、スラスター推力のリミッター上限を高め、それに伴って発生する機体への負荷に耐えうるフレーム補強を行うなど、リゼル本来が持つ機体性能に引き戻すだけではなく、より信頼性を増した再調整が図られている。
    なお、この機体に搭乗したMSパイロットのほぼ全てが、一般機に搭載されていた新型OSによるコントロール・サポートをカットさせ、従来のZ系MSの問題点であったピーキーな挙動による高い操縦難度をあえて好んだ、という逸話が残っている。
  • バックパックは換装式となっており、一般に通常型のボックスユニット、大気圏への突入および飛行を可能にするウイングユニットが多用される。両型とも必要に応じて固定式のメガビームランチャーを装備する事が可能である。

    また、強襲用としてディフェンサーユニットという装備も存在する。これは武装の内容に応じてa/b型の2種類に分けられる。

    a型はマイクロミサイルコンテナおよびハイパービームサーベルを搭載した近・中距離型。サーベルはZZガンダムの物からフィードバックされた技術を用いているが、ビームキャノンとしての機能は持たない。

    b型は増設されたジェネレータによってエネルギー効率を安定化させ、ボックス・ウィングユニットでは一門しか搭載できなかったメガビームランチャーを二門同時に携行、更に最大出力で連射する事を可能としている。また、バインダーにもビームキャノンが搭載されており、火力が大幅に増強されている。

    熟練パイロット向けに強化されたC型も存在するが、一般部隊では主に隊長クラスのパイロットが扱う。また、ゼネラル・レビル所属機は全てこのC型となっており、黄色いバイザーにグレーとオレンジ色の明るい配色となっている。

【コメント】

  • リディらの新米兵士でも操縦できることから、Zガンダムのような高い操縦技術を要する機体ではないらしい。設定には載っていないが、事実上、廃案となったZ兇領婿嵯燭任△襦Z兇硫鎚儺々修鮑胴涌討掘▲▲淵魯ぅ爐現代の技術を組み込んで完成させた。基本性能は高いが、モビルスーツ時にジェガンを、ウェイブライダー時にメタスを少々上回る程にとどまっている。
    リゼルが使用するビームライフルは、ジェガンのビームライフルと共通Eパックであることに関して。リゼルの始祖とも言うべきΖガンダムのビームライフルのEパックはガンダムマークIIのビームライフルと共通である。アナハイムのノウハウが培われていることの証拠か?
  • ジム系では唯一の制式配備された可変MAとなっている。
  • 「リゼル」という名前が決まるまでは、「Z(ズィートライ)」という名前候補も挙がっていた。
  • プラモデル(HGUC、MG)の内容などで誤解している人がいるかも知れないが、ウイングタイプのバックパック+メガ・ランチャー装備が隊長機というわけではない。
    隊長機と一般機の外見上の差異は、センサーや胸・足のカラーリングの違いだけである。また、ウイングタイプのバックパックとメガ・ランチャーの組み合わせは固定ではなく、ミッション内容に応じてそれぞれ別個に装備される場合もある。
    専用のシールドは、近接戦闘時には後端部のブレードによる打突兵器としても使用される。

    設定上は、変形機構を一部メタス方式にすることで「簡略化」している機体ではあるが、プラモデル(MG)の複雑な変形機構は、メタス方式と言うよりはほとんどZガンダム方式である。
  • リゼルのビームライフルのデザインはリ・ガズィのビームライフルがベースとなっている。
    また、ウィングタイプのバックパックはリ・ガズィカスタムの背面ウィングユニットを意識してデザインされたものである。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。