「機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う」の登場兵器

ドライセン

読みどらいせん
登場作品機動戦士ガンダムZZ機動戦士ガンダムUC機動戦士ガンダムZZ外伝 ジオンの幻陽機動戦士ガンダムUC バンデシネ機動戦士ガンダムUC 『袖付き』の機付長は詩詠う機動戦士ガンダムUC テスタメント
型式番号AMX-009
主な搭乗者ラカン・ダカラン、バーン・フィクゼス、オウギュスト・ギダン、テルス、ザミュ テルス、レッダー少尉

【 説 明 】

  • 第一次ネオ・ジオン抗争においてアクシズ軍が使用した量産型MS。ネオ・ジオンの地球降下作戦に従事し、前線にて高い戦果を残した。
    MS-09R競螢奪・ドム兇鮴澤彿貘里箸靴討い襪燭瓠▲妊競ぅ鵐薀ぅ鵑砲篭δ未靴震未盪任┐襪、MSとしての素性はドムタイプとは全くの別物になっている。厚い装甲とバズーカによる火力攻撃はすっかり失われ、その代わりにビームトマホークや手裏剣状の武器・トライブレードなどによる白兵戦闘重視のMSに様変わりした。火器は内蔵式のハンドキャノンのみにとどまり、時代とともにMS開発の傾向の変遷がうかがい知れる。
    型式番号はAMX-009。このドライセンを最後に、ドムの流れを汲むMSが開発されることは二度となかった(のちに登場するドムタイプはMS-09の改装型のみ)。
  • ジオン解体に向いつつあるU.C.0096では旧公国軍の機体、MS-09『ドム』の運用思想を参考にした新兵装を纏い、ネオジオン残党組織狢吃佞瓩竜鯏瀬僖薀に配備されている。狢吃佞瓩量召猟未蝓∀咾梁吃分と胸部には装飾が施されている。
  • ova版機動戦士ガンダムucにおいても再塗装と『袖付き』の装飾が施された他にシナンジュ用に開発、量産したジャイアント・バズ、ヒートサーベルを装備し旧ジオン軍のドムの運用思想に基づいた新兵装がなされている。サーベルラックのためトライブレードが1基減少している。

    主にパラオ防衛に配備されている。

    HGのプラモデルの説明に基本性能の高さから小規模改修で十分…とある。

【コメント】

  • 外伝作品「ジオンの幻陽」でもバーン・フィクゼスの搭乗機として活躍している。
  • 「機動戦士ガンダムUC テスタメント」内の話『戦士宮にて』では、パラオに配備されたドライセン視点からの物語になっている。
    バナージに撃破された後、ドライセンの魂は多くの同胞達(全てドム)の魂が集う館(恐らく北欧神話のヴァルハラに相当するもの)に迎え入れられた・・・らしい。
  • ドライセンを開発したのはヘクタ・ドナ社と言う会社らしい。
  • 「機動戦士ガンダムuc 『袖付き』の機付長は詩詠う」によればスペック上は最新型のギラ・ズールに引けを取らないとある。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。