トップ > 機動戦士ガンダム MS IGLOO −−> 61式戦車

「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の登場兵器

61式戦車

読みろくじゅういちしきせんしゃ
登場作品機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム第08MS小隊機動戦士ガンダム MS IGLOO機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
型式番号TYPE-61 5+
主な搭乗者エイガー、ハーマン・ヤンデル、フランシス・マリオン、ミッチェル

【 説 明 】

  • 連邦軍の主力戦車。時代遅れ同然の兵器だった。
  • サイドスカートを付けたものは61式戦車5型と呼ばれている。
  • 地球連邦軍の主力戦車。時速90キロで走ることができ、主砲の155mm滑降砲はザクを一撃で葬り去る威力を持っている。連邦軍のMSの登場以前はザクの脅威となりえる数少ない兵器だった。
    全長9mという巨大な車体は改良を容易にし、その結果初期型とは全く異なる高性能を獲得した。一年戦争時に使用されている車体は5型とされている。
    2名の乗員で運用することが出来、衛星を利用した両機とのデータリンクシステムを用いるハイテク車両だがミノフスキー粒子散布下では逆にそれがあだとなってしまった。
    しかしそれでも戦術によってはザクに十分対抗することが出来、ジオン軍の戦車であるマゼラ・アタックに対しては圧倒的な力を見せつけた。
  • 電子戦環境最強の戦車。
    絶大な打撃力を誇る2連装155亞蟾佶ぁ9mを越える車体、最高速90前幣紂
    衛星とのデータリンクシステムをも兼ね備える。
    ヒルドルブを除けば、正に陸の王者であった。
    だがミノフスキー粒子とモビルスーツの登場は、全てを変えた。
    ミノフスキー粒子はデータリンクを封じた。
    主砲は当たれば良いが、非常識な機動力を持つモビルスーツには中々当たらない。
    防御力も高いはずだが、易々とトップアタックを仕掛けてくるモビルスーツには
    意味がなかった。
    ただでさえ悪い視界は、2名の定員とミノフスキー粒子で更に悪くなった。
    それでも連邦地上軍にモビルスーツが配備されるまで、攻勢の矢面で戦った。
    モビルスーツ相手でも、戦法と戦車長、それに数によってはぎりぎり勝てた。
    オデッサ作戦でも多数の損害を出したが、拠点に張り付いた事によって機動を削がれた
    モビルスーツにも対抗出来た。
    陸の王者は面目を保てたわけである。
  • 61式戦車はグリプス戦役時にも運用されていたと言う噂があり、また宇宙世紀0090年においても一部の基地で旧式ながらも運用されているのが確認されており、息の長い戦車であった。

【コメント】

  • 自衛隊の61式戦車は名前の元ネタというだけで全く関係ないです
  • 核融合炉を小型化しなければ作れないモビルスーツよりも、
    頑張れば作れそうな61式戦車の方が好きだ。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。