トップ > 機動戦士ガンダム MS IGLOO −−> ゼーゴック

「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の登場兵器

ゼーゴック

読みぜーごっく
登場作品機動戦士ガンダム MS IGLOO
型式番号MSM-07Di
主な搭乗者ヴェルナー・ホルバイン

【 説 明 】

  • 大気圏に突入し、敵を攻撃する「モビルダイバーシステム」のコントロールをする機体。中枢にズゴックを使用しており、急造品といわれている。ヨーツンヘイム支援艦「ムスペルヘイム」で試験が行われていたが、同艦が撃沈したため、ヨーツンヘイム管理の下で試験を行われることとなった。全部で三回の試験を行っているが、一回目は不明。二回目に横からミサイル攻撃をかけている。三回目は上昇中の敵艦隊を捕らえるも対空機銃に阻まれ失敗。四回目ではサラミス3隻、マゼラン1隻を拡散ビーム砲「クーベルメ」で破壊しているが、コアブースター供Εぅ鵐拭璽札廛肇織ぅ廚旅況發砲△ぁ▲僖ぅ蹈奪箸瓦隼兇辰拭
  • モビルダーバーシステムを使い、大気圏を突破できる                     
    この時代(連邦のガンダム除く)で唯一、
    大気圏突破能力ある機体

【コメント】

  • ゼーゴック本体はかなりのくそ武器が左腕だけ右腕はセンサー部分になっているから
    拡散ビーム砲クーベルメがアプサラスのビーム兵器に似ている
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。