トップ > 機動戦士ガンダム MS IGLOO −−> 陸戦強襲型ガンタンク

「機動戦士ガンダム MS IGLOO」の登場兵器

陸戦強襲型ガンタンク

読みりくせんきょうしゅうがたがんたんく
登場作品機動戦士ガンダム MS IGLOO機動戦士ガンダム MS IGLOO2 重力戦線
型式番号RTX-440
主な搭乗者アリーヌ・ネイズン、ミロス・カルッピ、ドロバ・クズワヨ

【 説 明 】

  • MS IGLOO2重力戦線、第三話「オデッサ、鉄の嵐!」で登場。
    全高13m。突撃砲形態に変形可能。
    220丱ャノン砲、腕部ポップガン、火炎放射器などに加え、
    重地雷や多連装ロケットランチャーなど、多彩な武装を搭載する。
    独立混成第44旅団に配置された囚人部隊で運用され、オデッサ作戦で活躍したが、
    配備された3機が全て自爆によって失われた。
  • 重力戦線3話に登場した3機の陸戦強襲型ガンタンクには機密漏洩防止用の自爆装置が搭載されており、事実上特攻兵器であった。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。