トップ > 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer- −−> リヒテンダール・ツェーリ

「機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」の登場人物

リヒテンダール・ツェーリ

読みりひてんだーる・つぇーり
登場作品機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-
C V我妻正崇
主な搭乗機プトレマイオス

【 説 明 】

  • 機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)
    • 身長:179僉‖僚59圈〃豈娵拭O 誕生日:6月12日 年齢:21歳

      ソレスタルビーイング戦闘母艦「プトレマイオス」の操舵士。
      陽気な優男。クリスティナに気があるようだが、つれない態度を取られている。
      過去の太陽光発電システム建設紛争の被害者であり、体の4割を人工器官で補う重傷を負う。それ以来戦争という行為そのものに強い憎しみを抱いている。
    • 身長:179cm 体重:59kg 血液型:O型 誕生日:2286年6月12日 年齢:21歳
      役職:操舵士 愛称:リヒティ

      陽気で調子の良い男。クリスに気があるが彼女には好みじゃないと振られっぱなしだが、それでもブリッジの留守番を引き受けたりと努力している。しかし、その留守番を引き受けた際にGN粒子の充填に気を取られ、セルゲイ率いる特務部隊のばら撒いた通信機群に気づかず、避けられたかもしれない危機を招いてしまう。更には超人機関破壊ミッションで人体実験を皮肉ったつもりで面白がっているような発言をした為、スメラギの叱責を被った。終盤、国連軍の第二次CB掃討戦でブリッジの直撃に呑み込まれ、庇い切れずにクリスが致命傷を負った事を知らずに彼女の腕の中で静かに息を引き取る。

      太陽光発電紛争で両親と体の殆どを失ったがゆえに戦争を憎み、恒久和平を彼なりに願ってCBに身を投じたのであり、決して本気で超人機関の人体実験を面白がった訳では無いとスメラギも理解してはいた。しかし、アレルヤの過去を知った後の事なので聞き逃す事は出来なかった。この事をリヒティ自身が知ったのか否かは不明である。しかし、超人機関壊滅のミッションプランが提出された際、アレルヤの過去が必然的に記されていた為、後に閲覧して蒼褪めたと思われる。

【コメント】

  • 9話では彼のミスでトレミーが危機に陥ったり、11話では超人機関の情報を公開する時にそれを楽しんでるような事を言ってスメラギに怒られたりとどうも軽率なところが悪い意味で目立っていたが、24話でクリスを助けた場面で一気に漢を上げた。ちなみにTV本編では24話まで身体の4割が機械という設定は伏線すら殆ど登場しなかった。
  • 体の4割が機械のためか、赤白しましまの
    体の殆どをおおう水着を選んで着用していた。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。