トップ >  −−> ジョニー・ライデン

「シ」から始まる登場人物

ジョニー・ライデン

読みじょにー・らいでん
登場作品(機動戦士ガンダム)MSV機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
C V井上和彦
主な搭乗機ライデン専用ゲルググ、フルバレッド・ザク、ライデン専用高機動型ザクR2タイプ、ライデン専用ゲルググキャノン、ライデン専用高機動型ギャン

【 説 明 】

  • (機動戦士ガンダム)MSV
    • キマイラ隊を率いる、ジオン公国軍少佐で「紅い稲妻」。
      だが本人は「赤い彗星」との誤認を嫌ってか「『真紅の』稲妻」と名乗っている。
      実際パーソナルカラーが赤なので、記録上でもシャアと誤認されることも多い。
      が、そんなシャアとはルゥムで共闘していたこともある。
      「赤」に対する執着心は並々ならぬもので、シャアがジオングに乗り換えたのを見て、
      「心配するな、『元』赤い彗星。大佐の分まで、この真紅の稲妻が赤を背負ってやる」
      とか勝手に決意する程。
      気さくで面倒見の良い性格で、新兵時代にはまだ若いキシリアに指輪をプレゼントしたこともあった。
      ちなみに実力は本人曰く「通常の300倍」らしい。
    • 『MSV戦記 ジョニー・ライデン』(長谷川裕一著)では、地球で「ジョニー・デップ」という偽名を名乗っていた。ちなみに、「ジョニー・ライデン」が初めてMSVに紹介された時の顔は、現在のイメージとは程遠い老け顔(30代半ば超えてそうな顔)だった。
    • 彼が愛機を赤く塗っている理由は、元々彼は戦争に行く事を嫌がっていたが、無理矢理訓練を受けさせられ(この頃から彼は不本意ながら非常に優秀な成績を誇っていた)、いよいよ自分の機体(当時はザクC型)を受領し、新兵の機体を見分ける為に色を塗る際に、「敵に攻撃を当てて貰い、負傷して前線から離れる」為に、敵によく目立つよう当初は「全身真っ赤に塗ってくれ」と注文するも、ペンキ不足の為所々を赤く塗るにとどまった。そしていざ出撃してみると、自分は「さあ俺に当ててくれ!」と言わんばかりに突撃したにもかかわらず、相手はド派手な動きをする彼の機体に恐れおののき、結局彼は全機撃墜してしまう羽目に。その後は仲間から絶賛を受けつづけ、逃げたくても逃げられない状態に陥り、今に至る訳である。ちなみにシャアは、彼にザビ家嫌いを見抜かれている。
    • 幼馴染みの少女とは両想いチックな感情を持っていたが、フルアーマーガンダムとの戦闘の後に行方不明になり(彼女はライデンが死んだと思っていた)、その後なぜか2年間地球を放浪していたが、その途中シン・マツナガと再会し、彼からジオン再興と地球の支配を企むマッドサイエンテイストのドクターQの計画を聞き、その計画を壊滅させた後に彼女の元に戻っている。
  • 機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還
    • FSSのレッドを含めた「ジョニー・ライデン」候補を調査し「元キマイラのジョニー・ライデン」を探すオクスナー補佐官とジョニーと同じキマイラのユーマ、連邦議会のゴップ議長に繋がると思われる女性の「ジョニー・ライデン」が暗躍するなど、謎に包まれた存在。
    • 「ジョニー・ライデン」と思しき人物が大多数存在するため、共和国(旧公国)国内でもある意味で有名となっている。本人であると思われる人物の特徴は以下に示す。
      (※あまりに多いため一部のみ(初登場作品含む)とする。)

      ・40歳代?の中年的風貌:出自‐MSV人物図鑑
                        ‐MG(プラモデル説明書)
      ・20〜30歳代?の青年〜中年的風貌:出自‐ガンダムウォー(カードゲーム)
      ・設定年齢(23歳)の風貌:出自‐ギレンの野望(SS)

      ・その他、ヒゲ面、10歳代後半の少年的風貌など多数。
    • 一年戦争終戦時、キシリアを失ったキマイラ隊でこれからどうするか意見が分かれた事で生じた隊員同士の戦いでユーマに撃たれ重傷を負う。その時現れた連邦軍のウェイライン隊からユーマを助けるべく、自ら殿となりウェイライン隊と交戦、手負いにも拘らず敵機を何機か撃破するも傷で動きが鈍りその隙を付かれて行動不能に追いやられる。その時に捕縛されたようであるが・・・

【コメント】

  • 『MSV戦記 ジョニー・ライデン (ガンダムマガジン掲載)』版ではどうも戦争嫌いな青年だったらしい……しかもザビ家主宰のパーティーで暴言(本人はその気が無いが…)が原因で地球とルナ兇諒箋襯薀ぅ麈鵬作戦に中隊長して着任した。あのキリシアが銃殺されないだけでもラッキーであっただろう。ちなみにその公式記録が無いのはCGで消去されたからであり、あのシャアがカメラを止めたのである。

    パーソナルマークはマスコミの要請であるが、プロバカンダの為である。
  • ガンダムイボルブ9でレッド・ゼータに搭乗予定だったジョニーと言う人物は彼らしいが真相は不明。
  • どのゲームでもシャアとは相性が良くない。またギレンの野望ではマツナガにお主のことは知らないと言われた。
  • DSのGジェネだとシン・マツナガと相性いいよ
  • 因みに、ア・バオア・クーで行方不明となった後数十年雌伏し、宇宙世紀120年代にオールズ・モビルの総帥となったとする説もあるが、真相は、未だ不明である。
  • シャアの色はピンク色っぽい色で、ジョニ−・ライデンは真っ赤なので、シャアは「紅い彗星」、ジョニ−・ライデンは「真紅の稲妻」なのだと思います。
  • MS撃墜数185機・艦船撃沈数6隻はジオン軍第3位で、シャアよりはるかに多い。だが専用機を赤く塗装していたためシャアと誤認されたことが多く、連邦軍では彼の上げた戦果の多くが「赤い彗星」によるものとして記録されていたという、しかもジオン軍内において知名度が低い。悲しい男である。
  • DSのGジェネでも、やっぱりシンボルカラー「赤」のことをシャアにしつこく言っている。
  • そもそも、こいつってガンプラ内だけの設定だったのに(爆)。
  • モデルになったのはドイツのエースパイロット、ヘルマン・グラーフ
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。