「機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊」の登場兵器

グフ

読みぐふ
登場作品機動戦士ガンダム機動戦士ガンダム外伝コロニーの落ちた地でジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079機動戦士ガンダム オレら連邦愚連隊機動戦士ガンダムMS BOYS -ボクたちのジオン独立戦争-
型式番号MS-07B(先行試作型はYMS-07B)
主な搭乗者ランバ・ラル、トーマス・クルツ、クラウス・ベルトラン、ヴィッシュ・ドナヒュー、ハンス・ウェラー、レンチェフ、マナラシア・アージャ

【 説 明 】

  • ルウム戦役の後、連邦軍対ジオン軍との対決は宇宙から地球へとその舞台を移していた。連邦軍のMS開発計画「V作戦」の発動を察知したジオンは、いずれ起こるであろうMS対MSの戦闘において優位に立てるよう、白兵戦闘に適した機体を開発することになった。
    当機はザクJ型をベースに、弱点の補強、格闘能力の向上が図られ、単機での戦闘能力が増した。武装も大型のヒートサーベル、電磁ムチ・ヒートロッドなど近接戦闘向けの武装が施され、火器は左手部の5連装マシンガンのみにとどまっている。
    当機は「蒼い巨星」ことランバ・ラル少佐に与えられ、連邦軍のRX-78-2ガンダムと壮絶な一騎打ちを繰り広げた。
    その後、ジャブロー降下作戦時までには量産ラインが稼動し、多くはないが量産されてもいる。が、MSの運用に汎用氏を求めるジオンの基本戦術には合致せず、派生型もあまり作られず、一部の腕に覚えのあるパイロットが使用するのみとなった。
    型式番号はMS-07B。ワンメイクだったころの青い機体色は、量産機になっても継承された。

【コメント】

  • クルツ機は迷彩カラーを施されてる。
  • こいつもグフカスタムも、“おっさん”や“戦士”が乗ってこそ真価が発揮される。
    戦闘的にも、人間的にも。
    何故だかそんな気がしてやまない。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。