トップ >  −−> ダブルオークアンタ

「タ」から始まる登場兵器

ダブルオークアンタ

読みだぶるおーくあんた
登場作品機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-ガンダムEXA
型式番号GNT-0000
主な搭乗者刹那・F・セイエイ

【 説 明 】

  • 頭頂高:18.3m/総重量:63.5t
    武装:GNソードV/GNシールド(GNビームガン)/GNソードビット×6(A、B、Cビットを各2基ずつ)

    ダブルオーライザーの後継機。純粋種のイノベイター用に開発された初のガンダムである。型式番号の「T」はツインドライヴ搭載機である事を示す「TWIN」、「クアンタ(QAN[T])」は「QUANTUM(量子)」の複数形である「QUANTA」から取られている。

    元々完成度の高かったダブルオーの基本設計を取り入れつつ、純粋種の能力に対応した数々の新技術が盛り込まれている。機体の核たる2基の太陽炉は、ツインドライヴ用に木星圏で新たに製造された物であり、オーライザーのような支援ユニットの補助無しに完全な同調を実現している。ダブルオーライザーの特徴であった左右のサイドバインダーは本機では左肩側のみとなっており、このバインダーと胸部中央に太陽炉を1基ずつ内蔵している。

    武装はGNソードIIIと同素材の刀身を持つ右手の「GNソードV」、太陽炉内蔵のサイドバインダー「GNシールド」、シールド上部に内蔵される迎撃用「GNビームガン」、シールドをキャリアとする剣状の無線誘導兵器「GNソードビット」6基。ソードビットは機動性、粒子貯蔵量など従来のビット兵器を上回る高い基本性能を備えており、通常の手持ち剣として使用したり、GNソードVと合体することでより威力を高めたバスターソード、バスターライフルへと強化する事が出来る。6基のビットが連携して、広範囲に防御用のGNフィールドを展開することも可能。

    最強と呼ばれたダブルオーライザーを大きく上回る戦闘能力を持つクアンタだが、その真髄は、ダブルオーライザーのトランザムバーストを更に発展させた高濃度粒子領域「クアンタムバースト」にある。これは、イオリア計画の本懐である異種生命との「来るべき対話」を具現化したものであり、異性金属体「ELS(エルス)」の襲来により滅亡の危機に瀕していた地球人類を救うと同時に、ELSとの融和を果たす鍵となる。
  • この機体の武器の中にはもう1つの剣、GNソード犬追加される予定であった(ダブルオークアンタフルセイバーのことである)。しかし、劇場版ではGNソード犬賄仂譴靴覆った。
  • 粒子界領域では能量子波により人々の意思をつなげる対話のためのガンダムそれが刹那の望んだガンダムとイアンが言っていた

    ダブルオーの時には未完成だったツインドライブシステムの完成機

    GNソードビットを展開することによって空間移動をすることが出来る

【コメント】

  • なんか、00版のνガンダムみたい。 ビットで、シールド作ったりだとか、クアンタムバーストで、分かり合ったりだとかが。
  • 刹那が「戦いそのものを止めたい」という想いをもっていることや、本機が「意志あるものとの対話」を主目的とした機体であるためか、劇中での戦闘シーンは極端に少ない。

    劇中では、コーラサワーを助けた際のビームライフル一発、近付いてくるELSを止むを得ず攻撃したGNビームガン+ビームライフルの一発、巨大ELS内部に侵入するためのGNバスターライフルの一発の計3発しか攻撃を行っていない。

    余談ではあるが、PSP/Wii「Gジェネレーションワールド」では、戦うダブルオークアンタの勇姿を見ることができる。
  • 全体的にデザインがエクシアに似ているのは、設計者であるイアンからの刹那に対する配慮から。
    おやっさんェ・・・
  • その劇場版、DVDで観た。ELSでの戦いの中で、クアンタはGNソード犬鮗里討拭
    戦いを止めさせる機体ならしょうがないか。
  • ガンダムトライエイジZ2弾に収録された。パイロットの刹那共々00陣からは久しぶりの高レアリティ機体である。そのステータスは初の宇宙適性★(最良)と4000という圧倒的なスピードと、紙装甲と言っても過言ではないほどに低いHPという前弾の武者頑駄無と同じく極端な配分となっている。同弾の刹那もまた、攻撃面に特化したステータス補正値をもつため正直トランザムによる回避頼みな機体である。
    デモムービーではアレックスとザク恐の、あまりに悲しい戦いを止めるべく武力介入している。
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。