トップ >  −−> 00ガンダム

「タ」から始まる登場兵器

00ガンダム

読みだぶるおーがんだむ
登場作品機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)
型式番号GN-0000
主な搭乗者刹那・F・セイエイ、ティエリア・アーデ

【 説 明 】

  • エクシアの後継機として開発された機体。両肩に搭載された2基のGNドライヴを同調稼動させ、粒子生成量を2乗化させる「ツインドライヴシステム」を搭載する。
  • 武装

    GNソード
    ガンダムエクシアの近接格闘兵装、「GNソード」を手持ち式の剣として発展させた兵装。
    刃の向きを変更する事で機能が変化する。対アンチ及びGNフィールドの戦闘を想定した
    ソードモード、ビーム刃を展開させたビームサーベルモード、射撃戦中心の戦闘を想定し
    たライフルモードの三つに変形する。ダブルオーはこの兵装を2基装備している。
    コズミック・イラのインパルス・ジャスティスの近接格闘兵装同様柄を連結させる事で、
    GNツインランスにする事も可能。

    GNビームサーベル

    GN系ガンダムの共通兵装。グリップは第三世代の機体の物とは異なる形状をしている。
    ダブルオーの物は、出力を調整する事で刀身を短縮させ、相手に対しての投擲武器にな
    るビームダガーとしても使用可能。装備箇所は腰部後側に装備されている。

    GNシールド

    ダブルオー専用に設計された防具。普段は両肩のツインドライヴ設置下部に搭載されて
    いる。使用する時は左腕に装着され、左右二枚合わさる事で大型のシールドとして運用
    可能。先端が鋭利になっている為、近接格闘兵装としても使用できる。
  • ソレスタルビーイングが保有する第4世代型ガンダムのひとつ。

    第3世代型ガンダムであるエクシアの後継機であり、外観に多少の面影を残している。

    トランザムシステム共に設計データが解放されたツインドライヴシステムを搭載を前提とした機体構成となっており、バックパックから伸びるアームによって両肩に2器のGNドライヴが保持されている。その外観から連邦軍からは「2個付き」と呼ばれる。

    しかし、ツインドライヴの運用には2器のドライヴの同調が必要不可欠であり、この問題が解決されなかったため機体完成後も長らく起動できない状態であった。最も同調率の高いエクシアと0ガンダムのドライヴの組み合わせでも起動に至らなかったが、トランザムによって無理矢理起動させる事に成功する。しかしその後トランザムを使用して機能停止に陥るなど、安定した稼働には程遠かった。

    ドライヴのスラスターは第3世代型のコーン型に第2世代型のスリースラスター型の要素を組み込んだ構造となっており、機動性に優れる。

    武装はエクシアのそれを踏襲しており、GNブレイドに似た形状のGNソード兇筺▲咫璽爛瀬ーの機能も盛り込んだGNビームサーベル、斬撃用の武器としても使用可能なGNシールドを持つ。

    他にも支援メカとしてオーライザーを持ち、これと合体することでツインドライヴの稼働を安定化させる事が可能となった。
    この時のダブルオーは「ガンダムを超越した」という意味合いから、ガンダムの名は使われず「ダブルオーライザー」と呼ばれる。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。