トップ > 機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY −−> ガンダムアストレイ レッドフレーム改

「機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY」の登場兵器

ガンダムアストレイ レッドフレーム改

読みがんだむあすとれい れっどふれーむかい
登場作品機動戦士ガンダムSEED VS ASTRAY
型式番号MBF-P02KAI
主な搭乗者ロウ・ギュール

【 説 明 】

  • 激化するライブラリアンとの交戦に備え、ロウが持てるすべての技術を愛機レッドフレームつぎ込んだレッドフレームの集大成。メインウェポンとして活躍してきたガーベラストレート、そしてカーボンヒューマンの蘊・奥から託されたタイガーピアスの二振りの日本刀を装備した。さらにブルーフレームセカンドのメインウェポンであるタクティカルアームズのデータをフィードバックして開発したタクティカルアームズ僑未鯀備。ブルーセカンドのタクティカルアームズの機能を踏襲し、さらにフライトユニットとしても機能する。そしてブルーセカンドではガトリングフォームにあたる部分をビームを射出する弓矢のような形状をとる、アローフォームに変更。さらにこの武器の最大の特徴は、ヴォワチュールリュミエールを備えている点である。ライブラリアンとの戦闘で大破してしまったターンデルタアストレイのパーツをアグニスから提供されたロウが組み込んだもの。アローフォームで射出されるビームの軌道を自在に変更することができ、理論上の命中率は100%。またレッドフレームを中心にヴォワチュールリュミエールを展開することにより他の物体の動きを検知する高感度レーダーセンサーとしても機能する。この装備で、瞬間移動能力を持つネブラブリッツのミラージュコロイド・テレポートを見破り、窮地を打破する。この機能を使用する際にはタクティカルアームズは背面でデルタフォームと呼ばれる逆三角形上の形状を取る。なおアローフォームでの展開も可能。これらのフォームへの効率的変形を行うため、通常時にはV字に展開するVフォームを取る。また刀身を二つに分離し、腕に装備することによってワークフォームと呼ばれる作業形態にも変形する。そしてタクティカルアームズのグリップ部分は分離してトーチガンとしても機能する。なおタクティカルアームズ僑盟備に伴いビームサーベルは撤去された。
  • この機体のタクティカルアームズ場KLは製作者であるロウ・ギュールの技術を結集した武器である。そのためマガノイクタチを強化したものやドラグーンにもなる。
    ドラグーン自体はロウ自身は使うことができない。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。