「機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN」の登場兵器

アデル

読みあでる
登場作品機動戦士ガンダムAGE アセム編機動戦士ガンダムAGE キオ編機動戦士ガンダムAGE 〜追憶のシド〜機動戦士ガンダムAGE MEMORY OF EDEN
型式番号RGE-G1100
主な搭乗者マックス・ハートウェイ、アリーサ・ガンへイル、コンラッド、ナディア、リュウジ・リュウザキ

【 説 明 】

  • ジェノアスシリーズに継ぐ新たな主力機として開発された量産型MS。カラーリングは一般機は薄緑と白、ディーヴァ所属機はジェノアスに続き青と白となっている。

    ガンダムAGE-1をベースに開発されており、外観はAGE-1と酷似しているが、AGEシステムは解析が進んでいないため搭載されていない。頭部はジェノアスを彷彿とさせるバイザー型だが、センサーはツインアイ方式となっている。

    武装は非変形式の新型ドッズライフルと、AGE-1の物と同じビームサーベルとシールドを持つ。ウェアシステムも継承してるため、従来のスパロー・タイタスウェアを用いる事も可能である。また、新ウェアのキャノンウェアを装備した機体も登場している。

    性能自体は申し分ないものになっており、まさに「量産型ガンダム」と言える仕上がりとなったが、AGE-1のGウェアの制御系は非常に複雑で開発にはかなり手間が掛かっており、AGE-1完成からアデルの正式配備までに25年も掛かっている。また、それでも操作は難しく、当初は優秀なパイロットに優先配備される傾向にあった。
    キオ編以降では旧式機となっているが、陸戦に特化したアデルマーク兇箸いΦ‖里配備されており、未だ現役である事が伺える。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。