トップ > 機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー ROAD TO 2307 −−> ロックオン・ストラトス(ニール・ディランディ)

「機動戦士ガンダム00 アナザーストーリー ROAD TO 2307」の登場人物

ロックオン・ストラトス(ニール・ディランディ)

【 説 明 】

  • 機動戦士ガンダム00(ファーストシーズン)
    • 本名:ニール・ディランディ 身長:185僉‖僚67圈〃豈娵拭O 誕生日:3月3日 年齢:24歳 出身地:アイルランド

      私設武装組織ソレスタルビーイング(CB)に所属するガンダムマイスター。
      少年時代にかつての刹那も所属していたクルジス共和国のゲリラ組織「KPSA」の自爆テロに遭い、両親と妹を喪う。その経験から、戦争根絶を唱えるCBの理念に共感し組織に参加。その天性の射撃技術を買われデュナメスのマイスターに選ばれた。
      性格は面倒見の良い陽気な好青年で、最年長ということもあり他のガンダムマイスターのリーダー的存在である。特に、互いの乗機の性質からコンビを組む機会が多い刹那に対しては兄の様に接している。しかし過去の経験からテロ関係の任務では別人の様に豹変し、冷静な判断が出来なる事も多い。
    • ソレスタルビーイングという組織の性格上、実戦経験の少なさが指摘されるガンダムマイスターだが、その中でもロックオン・ストラトスのパイロットとしての技量は目を引くものがあった様だ。

      その超人的な狙撃能力に加え、射撃タイプの機体を操っているにも関わらずグラハム・エーカー等といったエースパイロット相手に接近戦で互角以上に渡り合い、
      更には国連軍との戦いにおいては、接近戦仕様のガンダムスローネツヴァイを駆る歴戦の猛者アリー・アル・サーシェス相手に、トランザムシステムを使う事無く、ビームサーベル同士の白兵戦にてGNバスターソードごとその片腕を斬り落とす活躍を見せた。
    • 国連軍による第一次攻撃で右目を傷つけられてしまったが、モレノの薦める治療を強引に断って出撃する。
      第二次攻撃においては、デュナメスの専用強化ユニットであるGNアームズ、Type-Dで出撃。3隻の母艦のうち、ノーフォークをはじめとした2隻、更には多数のジンクスを沈める活躍を見せた。
      しかし、その最中にかつて両親と妹を殺害したアリー・アル・サーシェスと邂逅。激昂するままにサーシェスを追い詰めるが、捨て身の不意討ちを仕掛けたダリル・ダッジによって機体を損傷。同時に右目が右目が見えないことに気付いたサーシェスによって深手を負わされてしまう。
      機体をハロに預けたニールは、損傷の少ないGNキャノンを直接操作してサーシェスを迎え撃つが、キャノンの爆発によって致命傷を負った。
      最後に彼は、刹那やティエリアをはじめとした仲間や弟であるライルの身を案じながらGNキャノンの爆発に消えていった。

      彼の遺志は、後に弟であるライルに受け継がれていくことになる。
    • ガンダムデュナメスのマイスター。飄々としていてみんなの兄貴分として充分なリーダー格。他人の事には首を突っ込むが自身に関しては隠して笑顔の仮面を被り、周囲に壁を張り巡らせ距離を置く。それは相棒のハロに対しても同様だった。

      CBの壊滅を決定づけてしまった復讐戦で、ガンダムを憎む誇り高きフラッグファイターであるダリルの特攻により死角を晒され、それを知ったサーシェスによりデュナメスを大破され戦闘不能に。GNアーマーのキャノン砲の砲身を使いサーシェスの体を半分消し炭には出来たが、自らもまた砲撃の反動で投げ出され爆発により絶命し、無念の形相を浮かべながら虚空に流れていった。
  • 機動戦士ガンダム00(セカンドシーズン)

【コメント】

  • 三木さんの声はやっぱりいいなと思った
  • 喪服を着て家族の墓参りに来たライルを見て過半数の人がニールだと勘違いしていたようですね。実際は「木陰からニール(実はライル)を見つめるニールに瓜二つの男は誰だ!?」と騒がれた謎の男こそがニール本人だったりした事が物凄〜く後になって判明しましたが。

【主なセリフ】

※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。