トップ > 新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop −−> ドロシー・カタロニア

「新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop」の登場人物

ドロシー・カタロニア

【 説 明 】

  • 新機動戦記ガンダムW
    • ロームフェラ財団の総帥であるデルマイユ・カタロニアの孫娘(父はトレーズ・クシュリナーダの教官であったキーリア・カタロニア将軍)
      長く綺麗な金髪と特徴的な眉が印象的な美少女で、トレーズの遠戚にあたる。

      戦争に対して独自の美学を持ち、ときに戦争を誘発するような言動も多々見られる。
      しかし、完全平和主義を肯定しないもののリリーナに対しては大いに尊敬している。

      破天荒且つ争い好きな策士に見られがちだが、その根底にあるのはかつて父キーリアを奪った戦争への憎悪への裏返しに他ならなかった。
    • 彼女の「戦争が大好き」や「早く戦争になぁ〜れ!」などのエキセントリックな発言は、父を奪った戦争を憎んでいるからこその言葉であり、二度と見たくなくなるほどの悲惨な戦争を体験させ、人々から争い(を起こそうという気持ち)を失くさせる事が彼女の本心である。

      また、一発でゼロシステムを何の悪影響も無しに使いこなせたのは唯一彼女だけであり、それを用いてMD軍団を指揮し、同じくゼロシステムを使用したカトルとの熾烈な指揮合戦を披露している(結果は彼女の敗北であったが)。
  • 新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
    • マリーメイアの反乱の際、大多数で迫るサーペント部隊に奮戦するデスサイズ、サンドロック、ヘビーアームズ、トーラス(ノイン仕様機)、トールギス靴了僂鮓守る群衆を自ら激励してブリュッセルへと誘導している。
  • 新機動戦記ガンダムW Frozen Teardrop
    • 本作品では、幼少期のころの彼女が垣間見える。
      当時よりトレーズのことを尊敬しており、かなりマジでトレーズのお嫁さんになりたいと
      思っていたらしい。また、本編でも見られた核心を突くような物言いは、この頃から
      健在だったという。

      Endless Walts後の世界では、地球圏統一国家の大統領になっていて、
      「ネオ・チタニウムの女」という渾名が付いているらしい。
      火星圏の慢性的な紛争と、「P・P・P」の存在を危惧し、「オペレーション・ミュートス」の
      発動命令を下した。

【コメント】

  • コメントは登録されていません
※現在投稿停止中のため説明やコメントの追加は出来ません
不適切な表現や明らかな間違い、及び誤字脱字等を発見した方は
「連絡掲示板」
へご連絡下さい。